\ フォローしてね /

丸めてスッキリ!取り出しやすいタンス整理術

ごちゃごちゃと整理しにくいタンスの中ですが、くるくると丸めて収納することでスッキリ綺麗に収納できます。

我が家の3歳の子供でも自分で選び、取り出せるようになったとっておきの整理術をご紹介いたします。とても簡単な方法なので参考にしてください。

収納方法

トップス

表面の絵柄が見えるように丸めて収納しています。重ねて収納してしまうと、上にある服ばかり着てしまい、下の服は衣替えの時にこんな服もあったんだ!と一度も着ずにシーズンが終わってしまうこともありました。

丸めて収納することで、一目でどの柄の服が何処にあるのかわかり便利です。また取り出しやすさもあり、子供でも自分で選び取り出すことができています。

パンツ

パンツもトップスと同様に、丸めて収納しています。丸めた時に大きさに差が出てしまうタイツやレッグウォーマーは、タンスの中に丁度合うプラスティックケースに入れ収納しています。

プラスティックケースは100均が大活躍です。様々な大きなの物が売られているので、タンスに合うサイズが見つかります。

赤ちゃんの服

赤ちゃんが着るロンパースや繋ぎの服も丸める収納によって、スッキリ見せることができます。我が家では大量のスタイがあるため、プラスティックケースを利用しています。

下着類

写真はパパの下着類です。トランクス、肌着、靴下と細かい物はこのように仕切りをつけて収納しています。

仕切りはお金をかけたくなかった為、段ボールをサイズに合わせてカットし仕切の役割をしています。

トップスのたたみ方

丸めて収納のたたみ方を紹介したいと思います。絵柄が丸めた時手前に出ることがポイントです。

STEP1:絵柄を下に腕を織り込む

絵柄を下にして写真のように、腕の部分を中に折り込みます。同じ大きさに丸められるようここでサイズを調節します。

STEP2:フードを織り込む

フードの付いているパーカー類は、フードを中に折り込みます。

STEP3:上から丸める

上からくるくると丸めていきます。形を整え出来上がりです。とても簡単なので試してみて下さい。

収納のポイント

ラベルを付けてわかりやすく

何処の段に何が入っているのか誰が見てもわかるように、ラベルを付けています。シールだと剥がした時に跡が付いてしまうので、おしゃれな柄のマスキングテープを利用すると良いですよ。

手に取りやすい場所に収納

また、手に取りやすい所に1番良く利用する服を入れています。我が家では子供服はシーズンの物を、子供でも手の届きやすい下段に入れています。

大人の物は立った時に屈まず手に取れる高さの所に、シーズンの物を入れるよう工夫しています。

タンス収納の注意点

上に重ねないことが大切です。タンスを開けた時全ての服が一目で見ることが理想ですね。

タンスの中は一目につかない所なので、ついついごちゃごちゃしがちになってしまいます。しかし綺麗に収納することでスッキリ収まり、今まで入らなかった服が上手く入るようになります。

おわりに

たたみ方を揃えるだけでとてもスッキリ見せることができます。無駄なスペースを残さないで、丸めてたたむ収納を是非参考にしてみて下さい。

(photo by 著者)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。