\ フォローしてね /

基本の「四つ穴ボタン」付け方を写真で解説

このライフレシピのもくじたたむ

小学生のころから裁縫が好きで、洋服やバッグ、小物などを作ってきました。既製品の丈や袖の形などを変えて着ることもあります。大がかりなリメイクでなくても、既製服のボタンを取り替えるだけでも印象が変わります。

ここでは、そんなときに役に立つ四つ穴ボタンの付け方をご紹介します。

四つ穴ボタンの付け方

はじめの写真の左側の付け方をご紹介します。右側も糸が交差する以外は同じ縫い方です。

ボタン付け用の糸など、丈夫な糸がおススメです。
ここでは、分かりやすいようにボタンと糸の色を変えました。ボタンの色に合わせて縫うのが一般的ですが、この例のようにあえて違う色にしても面白いです。

STEP1:玉結びをしてひと目すくう

布の後ろ側に結び目が出ない方法です。

STEP2:片側を二重に縫う

片側を2回縫います。

STEP3:もう片方も二重に縫う

もう片方の二重に縫います。

この時点で針は裏側にあります。

STEP4:ボタンと布の間から針を引く

縫った位置の近くから針を引き出し、糸を出します。

STEP5:縫った部分に糸を巻く

3~4回きつめに巻きます。

糸を巻かない方法もありますが、巻くと丈夫になります。

STEP6:ひと目すくう

糸を巻いた場所の近くでひと目すくいます。

STEP7:玉どめする

玉どめし、

糸を切ったら、

完成です。

上手にボタンを付けるコツ

あまりきつくボタンを付けると、下に糸を巻きにくくなります。

きつくなりやすいときは、ボタンと布の間に太目の針を挟んで縫うと適度な余裕ができます。

おわりに

ボタンは髪飾りやブローチなどにもアレンジできます。洋服を処分するときにはボタンを外して再利用するのもおススメです。

(image by 筆者)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。