\ フォローしてね /

後悔することが多い方向け!後悔を早く取り去るコツ

後悔することは人生にはつきものです。人生において後悔のない人は居ません。でも、失敗した時などは、後悔して引きずる時があります。そういう時に出来るだけ早く立ち直れるコツを提案します。

後悔の念を早く取り去るために

STEP1 後悔する時ってどんな時?

後悔している、それはどういうことについて後悔しているのでしょうか。多分、過去の自分のした行動について後悔しているのでしょう。

後悔の感情はそれぞれの人の価値観に関係があります。自分がどんな時によく後悔するのかを考えてみましょう。大きな後悔から、ちょっとした後悔まで、後悔にはいろいろなものがあるでしょう。

その後悔の念は、同じことを後悔していませんか。後悔に共通点がないでしょうか。

「私っていつも同じようなことで後悔してるなあ…」

と思うことがありますか。

そういうところから後悔をしがちな自分の価値観をちょっとシフトチェンジできないかどうか、考えてみるのもいいでしょう。

STEP2 日常の後悔を断ち切るための3つの言葉

日常生活ではしばしば後悔をすることがあります。例えば、早く起きればよかったとか、準備しておくんだったとか、人に言えばよかった、または言わなければよかったとか色々な後悔の出来事があると思います。

そういうちょっとした後悔を断ち切る言葉が3つぐらいあります。

  • 上を向いて「ま、いっか!」
  • 笑って「しょうがないね!」
  • こぶしを突き上げて「次!次いってみよう!」

これは、どれでも自分の好きな言葉で良いのですが、大きな声で実際に言ってみるのがポイントです。

後悔しても戻れないことならば、早く切り替えるのが良いでしょう。

STEP3 忘れることも大切

後悔しやすい人は、多分とても謙虚でいい人なのだと思います。自分の失敗に気が付いて反省できる人なのです。自分を反省できない人のほうが進歩が無くて実は怖いです。

だから後悔はしても良いです。だけど、長い時間引きずらないようにしましょう。どうしても後悔してしまうなら、

何時まで、とか今日だけ落ち込むぞ

と落ち込む時間を区切ってみましょう。

そしてその時間、例えば明日からは何も無かったことにしたり今度は後悔したような出来事が来たらこうするという対策を立ててみましょう。

すぐに後悔してしまう方へのアドバイス

著者自身、とても落ち込みやすい人間でした。不器用で失敗ばかりしていたし、人に気を使いすぎたり人の言葉に敏感すぎるところがあったりしてよく落ち込みました。今でも落ち込みます。

でも、後悔しているうちは、自分自身が暗くなって良いことが無かったです。大きな挫折も、後悔も、時間が経ってから

「今の自分にとって必要だった出来事だったかも」

と思えるようになりました。

おわりに

いかがでしたか。

あまりに辛いことは忘れてしまったことも多くありますが、それでいいのです。人はみんな「今」を生きていく動物なのだと思います。

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。