\ フォローしてね /

時系列別!賃貸退去時の掃除を上手にするコツ

引っ越しの際、最後の掃除に力尽きてなかば投げ出してしまうこと、ありませんか?流れに沿って必要最小限のことをする、退去時清掃のコツをまとめてみました。

用意するもの

まず当然ながら、荷造りの際、清掃用品は最後まで残しておくこと。箒・ちりとり・拭き取りのいらない洗剤・雑巾・部屋数が多い場合は掃除機もあったほうが無難。忘れてはならないのはゴミ袋です。

近年主流となりつつある、ゴミをキャッチするモップの類いも活躍しますが、家具類を移動した後の室内は想像以上に綿ゴミが出るため、替えがたくさん必要になってしまう可能性があります。

掃除は上から下に向かって

STEP1:部屋の上部から

まず天井付近に綿埃やヒモ状の埃がある場合、箒などで落とします。照明器具が据え付けのものだった場合はその笠のほこりも落とします。

使用する道具:箒・柄の長いハンドワイパーなど・はたき

STEP2:壁紙、ドアなど

賃貸物件の場合、壁紙は居住者が変わるたびに貼り替えるケースもあるため、壁全体をくまなく清掃する必要はありません。ただし画鋲、粘着フックなどを使用した場合は、取り残しがないよう綺麗に取りましょう。

壁紙は洗剤で汚れを落とすのが困難なケースが多く、かえって汚れてしまうことも。汚れの目立つところをかたくしぼった雑巾でこするなどしましょう。

ドアはノブまわりや、窓がある場合は桟の部分に汚れがたまりやすいので、チェックしましょう。

ドア全体が「水気のしみこまない素材」の場合はふきとりのいらない洗剤などで拭くと、うす汚れが落ちます。それ以外の素材の場合はから拭きか、壁紙と同じように対処します。

STEP3:収納スペース

クローゼットや押し入れ、天袋、収納庫などは積み残しがないかのチェックもかねて、奥の方まで確認しましょう。

普段手の届かないところには大きな埃がたまっていたりします。後のステップに響かないよう、あらかじめゴミを取り除きましょう。

収納スペースの中は無垢材や合板のまま、といったケースが多いため、掃き掃除・掃除機のほかはから拭きに留めます。

STEP4:床面の清掃

ここまでで出たゴミをまとめて片付けます。

ベランダなどが広い場合は内から外へゴミを出し、ついでにベランダもひととおり掃き清めましょう。

ベランダは屋外用の箒などを使い、土埃までちりとりなどで受け、ゴミ袋に捨てます。

室内で完結する場合は、部屋の隅から中心へゴミを寄せ、真ん中でゴミ袋に入れます。あらためて上からゴミを落とすと拡散してしまいますので、上の掃除→下の掃除、の流れを意識しましょう。

箒で行うのはもちろん、柄付きモップやハンドワイパーで行ってもいいでしょう。埃が舞い上がらないよう、道具は大きく振らないようにしましょう。

拭き掃除まで行うと丁寧ですが、汚れがひどくない場合はモップなどで済ませる手もあります。

STEP5:水まわりの清掃

清掃中に使用した雑巾なども含めて、台所の流し、風呂場、洗面台などを洗います。ここでも上から下の流れを意識して、最後の汚れは最下部(流しなら排水口、という具合に)に集めます。

使用途中の食器洗い用スポンジがあれば、それを使い切りにします。流しは素材に合わせて研磨剤の入った洗剤と入らない洗剤を使い分けましょう。ブロック状の「使う分だけ切り取る」「水だけで落ちる」といったスポンジも活躍しますが、長年の汚れには普通のスポンジ×洗剤のほうが強力です。

拭き清める際は、捨てる予定の綿のTシャツなどがあれば、吸水がよく綺麗に仕上がります。

トイレは清掃中も使う可能性がありますので、最後の方に清掃するのがよいでしょう。

ここでももう使わない歯ブラシやスポンジなどを使います。

それぞれの場所の掃除道具はそれぞれに用意する。シェアはしないほうが気持ちよいと思います。

STEP6:玄関の清掃

すべての作業道具、ゴミ袋などを持ち出したら、玄関の靴脱ぎ部分をチェックします。土埃なども綺麗に掃き清めましょう。

三和土はベランダ掃除で使用した屋外用の箒、ちりとりなどで清掃します。玄関については、よほど汚れていないかぎり、拭き掃除は省略して構わないでしょう。

おわりに

荷造り中に意外とやってしまうのが「清掃用品も箱詰めしてしまった」。特にゴミ袋が行方不明になり、買い足してしまうこと、ありませんか。

清掃中にやってしまうのが、「床掃除をした後押し入れや据え付けの棚を掃除してまた埃を出してしまった」など。上から下、隅から中央、雑巾などがあるので水回りは後半で、といった流れを守ると、二度手間は限りなく省けていけるはずです。

疲労困憊してしまう引っ越し最後半部の行事「清掃」ですが、できるだけスムーズに、疲れやロスを少なく行いたいものです。

(photo by amanaimages)

このライフレシピを書いた人
このライフレシピに関係するタグ

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。