\ フォローしてね /

手縫い時のかがり縫いの仕方

著者が裁縫を始めたのは小学生の頃です。初めは人形の洋服作りから始めました。最近は洋服やバッグ、小物を中心に作っていますが、フェルトでマスコットを作ることに凝っていた時期もあります。かがり縫いはほつれ止めの他、フェルトをつなげる時にも使う縫い方です。

かがり縫いの仕方

分かりやすいように布と糸の色を変えていますが、実際は同じ色で縫うことが多く、同じ色だと縫い目が目立たないのでキレイに仕上がります。

例として2枚のフェルトをかがり縫いでつなげる方法をご紹介します。

STEP1:玉結びをする

表から見えない部分に玉結びをします。

STEP2:表から裏に針を刺す

2枚を重ね、はじめの糸の場所から少しずらした位置に針を刺します。

STEP3:等間隔で繰り返す

裏から抜けた針をまた表に刺し、同様に表から裏へ、等間隔で繰り返し縫います。

STEP4:玉どめを隠す

最後の縫い目は裏へ出さないで、布の間に出します。

ギリギリの位置で玉どめをし、

針を布の間から表に通し引きます。

出ている糸を短めに切ったら完成です。

少し出ている糸が気になる場合は、その位置の2枚の布を左右に引くと中に入ります。

かがり縫いをキレイにするコツ

糸を引きすぎると布の端が縮んでしまうので、引きすぎないように気をつけるとキレイにできます。

おわりに

手縫いでフェルトの小物を作るときに、よく使う縫い方です。

(photo by 著者)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。