1. 暮らし
    2. 手縫い時のまつり縫いの仕方

    暮らしの情報サイトnanapi終了のお知らせ

    2020年8月31日(月)をもってサービスを終了いたします。詳しくはこちらをご確認ください。

    手縫い時のまつり縫いの仕方

    著者は小学生のころから裁縫をはじめました。最近はミシンを使った裁縫がほとんどですが、初めはミシンではなく手縫いでした。まつり縫いはスカートやスラックスのすそ上げに使う縫い方です。スカートやスラックスのすそがほどけてしまうことはよくあるので、覚えておくと便利です。

    まつり縫いの仕方

    ここでは、分かりやすいように布と糸の色を変えていますが、実際は同じ色で縫います。

    STEP1:玉結びを隠す

    玉結びを目立たないところへ

    隠します。

    これは布の裏側です。

    STEP2:糸をすくう

    初めに糸を出した位置の横の表側の布を約1mmすくいます。

    STEP3:折り返した布もすくう

    STEP2ですくったまま、裏の折り返した部分の上側もすくい、針を抜きます。

    STEP4:繰り返す

    STEP2とSTEP3を繰り返します。

    STEP5:玉どめを隠す

    縫い終わりの位置で玉どめし、

    表布と折り返した布の間に針を通し、

    玉どめを隠して糸を切ります。

    完成

    裏側はこうなります。

    表側はこうなっています。

    布と糸が同じ色だとほとんど目立ちません。

    縫い目の間隔

    8mm~1cm位がおススメです。

    まつり縫いをキレイに縫うコツ

    表布をすくう分量と幅を揃えるとキレイに縫うことができます。

    おわりに

    慣れないうちはゆっくり縫うことをおススメします。

    (photo by 著者)

    このライフレシピを書いた人