\ フォローしてね /

手縫い時の返し縫い・半返し縫いの仕方

著者が裁縫をはじめたのは小学生の頃です。人形の洋服や人形の家のカーテンなどを作っていました。最近は洋服やバッグ、小物、ぬいぐるみやぬいぐるみの衣装を作ったりしています。返し縫いはなみ縫いよりも丈夫な縫い方です。ぬいぐるみを手縫いするときにもおススメです。

返し縫いについて

返し縫いには『本返し縫い』と『半返し縫い』があります。

本返し縫いの仕方

分かりやすいように布と糸の色を変えています。

STEP1:糸を出す

針に通し玉結びした糸を縫い始めの位置に出します。

STEP2:進行方向の逆から針を入れ、進行方向に先に出す

赤印部分が等間隔になるように刺します。

STEP3:繰り返す

前の糸が出ているところに針を刺し、

STEP2と同じ間隔で先に出します。

糸を引いたところです。STEP2とSTEP3を繰り返します。

STEP4:玉どめをする

裏側で玉どめをしたら、

完成です。これは表側です。

裏はこうなっています。

半返し縫いの仕方

STEP1:糸を出す

縫い始めの位置に糸を出します。

STEP2:進行方向の逆から針を入れ、進行方向に先に出す

赤印部分が約2:1の間隔になるように刺します。

STEP3:繰り返す

赤印が等間隔になるように、進行方向後ろに針を刺し、

STEP2と同じように赤印部分が2:1になるような位置から針を出します。

STEP2とSTEP3を繰り返します。

STEP4:玉どめをする

裏で玉どめをしたら、

完成です。表側はなみ縫いのようになりますが、

裏はこうなっています。

返し縫いをキレイに縫うコツ

直線になるように意識し、縫い目の間隔を揃えるように縫うとキレイに縫うことができます。

おわりに

お子さんのゼッケンなどにもおすすめですので、普段のゼッケンの縫い方にプラスしてみてください。丈夫に縫いたいところにおススメの縫い方です。

(photo by 著者)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。