\ フォローしてね /

おしゃれ着のメンテナンス!「千鳥かけ」で裾上げをする方法

このライフレシピのもくじたたむ

スーツやおしゃれ着のズボンの裾が、ハラリと落ちて困ったことはありませんか?旦那様のスーツのスラックスなどは、購入した店舗でミシンで裾上げされておられると思います。

しかし、ミシンでの仕上げは一ヶ所ほつれるとパラパラと連続で解けてしまい、結局は全部落ちてしまいます。今回は、上質素材にもお役立ちな「千鳥かけ」で裾上げする方法をご紹介します。

準備するもの

縫い針

普通の縫い針ではなく、千鳥かけの場合は、4~5cmの少し長い針が良いでしょう。特に、絹などの柔らかい素材の場合は「きぬくけ」という細い針を使用します。

今回は概ねしっかりとした素材なので「もめん」用の針を使用します。

待ち針

ずれたりしないように止めておくだけですので、2~3本あれば十分でしょう。

糸切りばさみ

糸を切る際に使用します。

縫い糸

色と素材を合わせましょう。絹素材には絹糸、綿素材にはカタン糸、今回はポリエステル素材ですので、ポリエステル100%の糸を使用します。

今回は分かりやすく見ていただくため、黒地に白糸で撮影しております。

裾上げのやり方

STEP1:アゲ代の作り方

スラックスなどの、好みの長さの位置を決めます。アゲ代の長さの目安は、スカートが2〜3cm、スラックスは3〜5cmです。スラックスの方がアゲ代を長く取る理由は、アゲ代が重しとなり、ストンと落ちてキレイなシルエットが出るためです。

この時、アイロンで裏から押えると扱いやすくなります。

STEP2:縫い始める準備

裾上げしたアゲ代を待ち針で止め、針に糸を通しましょう。糸の長さは30〜40cmで一重どりです。いずれか一方の先を玉結びしたら、準備完了です。

糸の長さが長過ぎると、もつれる原因となり、時間がかかってしまうので注意しましょう。

STEP3:縫い始めの針の入れ方

玉結びが隠れるように、表とアゲ代の間から針を刺します。縫い進める方向は「左」→「右」です。

STEP4:一針目

右斜め上の表地を少しだけ針先が右から左に向かうように、針を入れます。

STEP5:二針目とキレイな仕上がりのコツ

右斜め下のアゲ代に、三角形を描くように右から左に針先を入れましょう。

表地をすくう時は、生地の糸を1本!という気持ちですくうと、仕上がりが美しくなります。

STEP6:縫い終わり

縫い終わりは、三角形の頂点で玉結びをします。玉結びを隠すため、表地とアゲ代の間に針を入れます。

STEP7:玉結びの隠し方

そのまま針を抜いて、玉結びが隠れました。

STEP8:完成!

裏からの仕上がりは、こんな感じです。

白糸で縫ったにも関わらず、表からも分かりませんね。

自分の手でメンテナンスを!

春夏に向け、薄手素材のお洋服を着られる機会も多いのではないでしょうか?ポリエステルやシルクの素材に、ガッツリ裾上げテープでは、表面に透けてしまいます。

おしゃれ着も、ご自分の手でメンテナンスしてあげてくださいね。少し、厚手の素材から練習されることをおすすめします!

(photo by 筆者)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。