\ フォローしてね /

アップリケの上手な縫いつけ方

このライフレシピのもくじたたむ

小学生のころの人形の洋服作りから裁縫をスタートし、最近は洋服やバッグ、小物を作っています。アップリケは食べ物のシミやほつれを隠すためにも便利です。

ここでは、無地のカーディガンにアップリケを縫いつける方法をご紹介します。

使用するもの

  • 無地のカーディガン
  • アップリケ
  • しつけ用糸
  • はさみ
ここでは周りがフェルト製のアップリケを使用しています。糸はボタン付け用の糸など強い糸がおススメです。

アップリケの縫い方

STEP1:縫い付ける位置を決める

バランスを見ながら位置を決めます。

STEP2:しつけする

アップリケがずれないように、しつけします。

STEP3:玉結びを隠す

アップリケの下から縫い始めることにより、カーディガンの裏に玉結びが出ないようにします。

STEP4:針を下に通す

アップリケの脇ギリギリの位置でカーディガンに針を通し、糸を引きます。

STEP5:繰り返す

STEP1のはじめの糸の位置の横から針を出し、

アップリケの脇ギリギリの位置でカーディガンに針を刺し、糸を引きます。写真はふた目縫い終わった状態です。これを1周繰り返します。

STEP6:玉どめを隠す

1周縫い終わったらギリギリの位置に玉どめをし、

写真のように、カーディガンとアップリケの間から針を通します。

糸を引いて玉どめを中に隠し、

糸を切ります。

STEP7:しつけをはずす

しつけ糸をはずしたら完成です。

アップリケを上手につけるコツ

しつけをしてアップリケがずれないようにし、アップリケと同じ色の糸でひと目ずつていねいに縫うのがコツです。

おわりに

アップリケをつけるだけで服の印象が変わります。100円ショップでもかわいいアップリケを売っているので、お気に入りのアップリケをみつけて縫ってみてください。

(photo by 筆者)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。