\ フォローしてね /

ご祝儀袋の連名の書き方

結婚式、出産、新築のお祝い、年齢を重ねていくに連れ、ご祝儀袋を書く機会が増えますね。著者は、連名でご祝儀を出すことが多いので、ここでは連名で出す場合の書き方を紹介します。

夫婦連名で出すときのご祝儀袋の書き方

STEP1:名前を書く

水引の中央に性、夫の名を書き、左に妻の名前を書きます。

STEP2:金額を書く

中袋の表に金額を書きます。金額を記すときは下記のような漢字を使います。

  • 一万円→壱萬円
  • 三万円→参萬円
  • 五万円→伍萬円
  • 十万円→捨萬円也
十万以上のご祝儀を贈る場合は也の字をつけます。

STEP3:裏に住所等を書く

裏に郵便番号、住所、氏名を書きます。

3名以内の連名で出す場合

STEP1:名前を書く

水引の中央下から左に向かって、年長者、地位順にフルネームで記入します。

年齢、地位が関係ない場合は水引の左、中央、右にバランスよく、五十音順に記入します。

STEP2:金額を書く

中袋の表に金額を書きます。金額を記すときは下記のような漢字を使います。

  • 一万円→壱萬円
  • 三万円→参萬円
  • 五万円→伍萬円
  • 十万円→捨萬円也
十万以上のご祝儀を贈る場合は也の字をつけます。
中袋の裏に全員分の名前を書くとごちゃごちゃしますので、半紙などの別紙に全員分の住所、名前を書き、中包みに同封しておくと受け取った方もお礼状など出しやすくなります。

4名以上の連名で出す場合

STEP1:代表者名を書く

基本は3名までが基準です。4人以上の場合は、水引の中央に代表者名を書き、左側に「他一同」、もしくは「○○一同」と書きます。

STEP2:金額を書く

中袋の表に金額を書きます。金額を記すときは下記のような漢字を使います。

  • 一万円→壱萬円
  • 三万円→参萬円
  • 五万円→伍萬円
  • 十万円→捨萬円也
十万以上のご祝儀を贈る場合は也の字をつけます。
中袋の裏に全員分の名前を書くとごちゃごちゃしますので、半紙などの別紙に全員分の住所、名前を書き、中包みに同封しておくと受け取った方もお礼状など出しやすくなります。

書くときに気をつけたいマナー

書くときは、濃い墨で楷書体で書きます。キレイな字ではなくてもいいので、丁寧に書きましょう。

おわりに

ご祝儀袋を連名で出す場合には、是非参考にしてみてください。

(photo by 著者)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。