\ フォローしてね /

水牛車で海を渡る!西表島観光スポットを楽しむコツ

石垣島から高速フェリーで西表島大原港まで約35分、周囲130Kmの西表島は、沖縄県では本島の次に大きい島です。西表島旅行を楽しむコツをご紹介します。

旅行の詳細

  • 夫婦で2泊3日のツアーに参加
  • 時期 2013年2月下旬
  • 宿泊 石垣島のホテル

石垣島から大原港まで高速フェリーで渡り、港からは大型観光バスで移動しました。

観光ポイント

1.由布島(ゆぶじま)観光

由布島は西表島の沖合400mに浮かぶ小さな島です。水牛車乗り場までは、港からバスで20分。島へは水牛車に乗って、浅瀬の海を渡ります。

水牛車の速度は牛まかせです。大体10分で渡れますが、牛によって歩く速度が違うので、所要時間はまちまちです。斜めに歩く子や、立ち止まって休む子もいて、見ていて飽きません。

島全体が亜熱帯植物園になっていてトロピカルムードいっぱいです。

ブーゲンビリアの温室や、レストラン、売店も2ヶ所あります。入り口横の売店で買ったマンゴーソフトクリームが美味でした。

島に入ると、グループごとに半強制的に記念写真を2枚撮られます。1枚は水牛と一緒。もう1枚は咲き誇るブーゲンビリアの花と一緒です。帰りの出口近くで1枚1300円で販売。購入は希望者のみです。

2.仲間川ジャングルクルーズ

仲間川の遊覧船乗り場までは、水牛車乗り場からバスで20分、大原港からだと車で2分ほどです。50人ほどが乗れる遊覧船に乗り、船長さんの説明を聞きながら仲間川を遡ります。

川の両側にマングローブの群生をみることができます。この群生は日本最大で、国の天然記念物に指定されています。

右手山の中腹には、同じく天然記念物のヤエヤマヤシの群落を見ることができます。

上流で一度船を下りて、日本最大、推定樹齢400年のサキシマスオウノキを見学します。大きな根が板状になっているその不思議な姿には目をみはります。

仲間川で採れる巨大なシジミです。往復でおよそ1時間、帰りは大原港まで直接戻ります。

干潮時は多くの干潟ができるため、上流まで遡ることができません。事前に確認が必要です。

良かったところ

上記に挙げた通り、西表島でしかみることのできない珍しい植物を、たくさん見ることができました。

イマイチだったところ

遊覧船は屋根しかないので、風が吹き抜けます。とても寒くてゆっくり楽しめませんでした。半日観光でしたので、島にある滝を見ることができませんでした。

服装

気温は23度でしたが…遊覧船に乗る際は、風を通さない上着が必要です。由布島は、日差しが強いので、帽子と日焼け止めが必要です

おわりに

ほとんどジャングルに覆われる西表島は、他の離島とは異なった雰囲気を味わうことができます。有名なイリオモテヤマネコは、夜行性のため姿を見ることができません。

水牛車で海を渡ることは、筆者の夢でした。今回実現することができました。

詳しくはこちら 西表島ねっと

(Photo by 著者)

このライフレシピを書いた人
このライフレシピに関係するタグ

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。