\ フォローしてね /

お雛様のパーティーメニューに!薄焼き卵つつみ寿司の作り方

鮭入りの酢飯を、薄焼き卵で包みました!とてもリーズナブルなうえ、いつもの食材で、雛祭りの食卓を華やかに演出します!

材料(10個分)

酢飯

  • 白いご飯・・・1.5合
  • すし酢・・・大さじ2~3
  • 鮭フレーク・・・大さじ2
  • 冷凍枝豆・・・皮がついた状態で茶碗1杯分

薄焼き卵

  • 卵(Lサイズ)・・・3個
  • 塩・・・2つまみ
  • 砂糖・・・小さじ2
  • 白だし・・・小さじ1
  • 片栗粉・・・小さじ1/3

飾りの水菜・・・適量

作り方(調理時間:60分)

STEP1:酢飯を作る

温かいご飯を用意し、すし酢を回しかけたら、切るように混ぜ合わせます。うちわ等で、あおいで粗熱をとります。

冷たいご飯だと酢が染みこまないので、冷ご飯のときは必ずレンジで加熱するなどしましょう。

STEP2:鮭フレークと枝豆を加える

STEP1の酢飯に、鮭フレークと枝豆を加えます。

STEP3:卵に味付けする

薄焼き卵の材料をボウルにあわせます。白身を箸で切るように混ぜましょう。

卵液に片栗粉を加えることで破れずらくなります。

STEP4:焼く

フライパンを熱して、キッチンペーパーに油を染み込ませたものを塗り、卵液を小さめのお玉で1/2の量を流し入れ弱火で焼きます。

15~18cmフライパンで焼きます。

STEP5:ひっくり返す

卵の表面が乾いてぷくっと浮いてきたら、卵の端っこを少し持ち上げます。持ち上げたところから、フライ返しを入れひっくり返します。

焼き終えたら、お皿に入れて冷まします。弱火のままでOKです。

この方法で焼くと初めての方でも薄焼き卵が簡単に焼けます。

STEP6:包む

STEP5の卵が冷めたら、薄焼き卵の上に、STEP2の酢飯をカレースプーンで1杯半~2杯ほどのせます。

手前端から酢飯を包み、次に左右を両手で押さえながら手前から転がすようにして包ます。

STEP7:完成!

包み終わりを下にして器に並べ、仕上げに水菜を飾りました。完成です!

上手に作るためのポイント

薄焼き卵は破けやすいので、焼くときは慎重に焼きましょう。

さいごに

薄焼き卵の焼き方のコツをつかめば、本当に簡単なレシピとなっております。

ぜひお試しください!

(image by 筆者)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。