\ フォローしてね /

ダーツの縫い方

小学生の頃から手縫いやミシンで人形の洋服やぬいぐるみを作り始め、30年以上たちました。最近では洋服、バッグ、小物などを作っています。ダーツはスカートのウエスト部分や、ブラウスの胸部分などをからだに沿うようにする縫い方です。

部分縫いテクニックを上達させたい方はこちらもチェック!
裁縫の部分縫いテクニック

使用するもの

  • ミシン

縫い方

ここでは目立つように布と糸の色を変えていますが、実際は布と糸の色を合わせてください。

STEP1:布を半分にたたむ

ダーツを半分に

たたみます。

STEP2:ミシンをかける

ダーツの始まりから返し縫いをして縫い始めます。

ダーツの終わりの1cm~5mm位前まで縫ったら、

線上を斜めに縫うのをやめ、布と平行になるように縫います。

ダーツの終わりの横まで縫ったら、返し縫いをしないで

糸を長めに残して切ります。

ダーツの終わりと縫い終わりの距離は1~2mmです。

STEP3:糸を結ぶ

上糸と下糸を堅結び(本結び)で結び、

糸を5mm位残して切ります。

ダーツをキレイに仕上げるコツ

ダーツの終わりまでミシンで縫ってしまうと表側のダーツの終わり部分が尖ってしまうので、STEP2のように、縫い終わり部分を布と平行になるように1~2mm離すとキレイに仕上がります。

また、縫い終わりを返し縫いしないで堅結びするのは、表に返した時にゴロゴロしないためです。

おわりに

ダーツは左右対称の位置にあることが多いので、型紙を布に写したり、裁断の段階から丁寧にするのがおススメです。

(photo by 筆者)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。