\ フォローしてね /

買い物は一週間に一度だけ!無駄なく献立を考えるコツ

このライフレシピのもくじたたむ

はじめに

毎日献立で頭を悩ませている方も多いと思います。そんな方のお役に立てればと思い、筆者が実践している「献立を考える方法」を紹介したいと思います。

献立を考えるポイント

ポイント1:リストアップ

筆者はいつも、自分が作れる料理の中から、家族全員が食べられるものをリストアップしてから献立を考えています。そのとき、「肉料理」「魚料理」「汁物」「野菜」など、種類別にリストアップし、その中からバランスを考えて組み合わせをしていきます。そうすると主菜、副菜、汁物などが決めやすくなります。

  • 肉料理・・・鶏から揚げ・和風ハンバーグ・豚の角煮・生姜焼き
  • 魚料理・・・鯖の味噌煮・サーモンのムニエル・刺身
  • 汁物・・・・・豆腐の味噌汁・玉子スープ・豚汁
  • 野菜類・・・海鮮サラダ・切干大根・ほうれん草のおひたし

であれば、

  • 1日目・・・ 和風ハンバーグ・切干大根・豆腐の味噌汁
  • 2日目・・・ 鯖の味噌煮・ほうれん草のおひたし・豚汁
  • 3日目・・・ とりのから揚げ・海鮮サラダ・玉子スープ
  • 4日目・・・ 豚の角煮・ほうれん草のおひたし・味噌汁

ポイント2: 調理法を変える

「焼く」「煮る」「揚げる」「茹でる」「蒸す」など、様々な方法で調理します。ワンパターン化を防ぐためにも、様々な調理法を取り入れてみてください。

ポイント3: 味付けを変える

和風・洋風・中華・フレンチなど、たくさんの種類があります。普段和食が多い我が家ですが、週に一度は洋風や中華を取り入れるようにしています。

ポイント4:食材の買出しは週に1度を目標に

これまで毎日買い物に行っていた筆者ですが、それだと折角考えた献立が全く役に立ちませんでした。毎日買い物に行ってしまうと、必ず予定外の食材を購入してしまうからです。

今は、買い物は週に1度と決め、一週間分の献立を考え、きちんと買い物リストを作ってから買い物に出かけています。買い物リストには、食材と一緒にメニューも記載しておくと、献立がイメージしやすくなります。

  • 豚バラ・・・豚汁・生姜焼き・豚の角煮
  • 大根・・・おろし・煮物・味噌汁用

おわりに

いかがでしたでしょうか。

今までのやり方を少し変えるだけで、食費の節約にもなりますし、今まで献立に悩んでいた時間の節約にも繋がります。ぜひお試し下さい。

(photo by amanaimages)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。