\ フォローしてね /

焼酎の賞味期限を見分ける方法

焼酎飲みたいけど、これいつのお酒?飲めるのか心配...。そんな方の為に焼酎の期限についてご紹介したいと思います。

焼酎の賞味期限について

焼酎(蒸留酒)はアルコールの度数が高いお酒には賞味期限というものは記載されていません。何故かというと、蒸留酒のアルコール内は菌などが繁殖しにくい。よって腐りにくいとされているからです。なので保存方法を誤っていなければ、大丈夫なのです。

見分け方

臭いや味で判断する

基本保存方法を間違えていなければ劣化することはまずないですが、味が変わっていたり、芋焼酎などの香りを楽しむものである場合は風味が弱くなっていたらやめておきましょう。

極端に味が変わっておらず、臭いも明らかに最初の時と違わなければ飲んでも大丈夫です。

焼酎を美味しく飲み続ける為の保存方法

お酒は太陽の光と空気が最も苦手です。焼酎のふたは直射日光を避けて、温度変化の少ない常温のところで保存しましょう。冷暗所で保存するとなお良いです。

空気が触れるところ多くならないように焼酎のビンは立てて保存しましょう。酸化を防ぎます。

焼酎を含むお酒は急な温度変化が苦手です。心配だから、常温に置いておいたお酒を急に低い温度のところに置かないように注意しましょう。あまり深く考えずに温度を一定に保ち、紫外線にさらさない事が美味しく飲むカギです。

おわりに

焼酎はワインや日本酒などと違い劣化しにくいお酒ですので、期限などはあまり心配しなくても大丈夫です。

万が一心配な場合は「この焼酎どんな味だったっけ?」とならないためにも、味の変化が分かるようあまり期間をあけずに少量ずつでも良いので定期的に飲んであげてくださいね!

(photo by amanaimages)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。