\ フォローしてね /

野菜別蒸し時間の目安付き!野菜の美味しい素蒸しの作り方

このライフレシピのもくじたたむ

素材みずからの水分がでることで、ジューシーで柔らかな素材そのものの美味しさを味わえる素蒸しの作り方をご紹介します。

ヘルシーレシピ満載!食材の蒸し方ハウツーはコチラ!
食材の蒸し方

素蒸しとは

素蒸しとは、素材そのものを味を付けずにそのまま蒸す調理法で、一般的には下ごしらえとして用いられ、から蒸しとも呼ばれています。
特に根菜類は、から蒸しをしてから調理に使うと煮込み時間等の短縮になります。

素材の甘味が増し、そのまま食べてもジューシーな美味しさを楽しめます。好みに応じて付けダレを用意すると、さらにバリエーションも豊富になります。

素蒸しの手順

今回は、ズッキーニとベーコン、キノコの素蒸しの画像を例に手順をご紹介します。

STEP1:素材を切る

素材を適当な大きさに切ります。

STEP2:蒸し鍋に湯を沸かす

完全にグツグツと沸騰させ十分な蒸気を発生させます。

STEP3:素材を蒸し器に盛りつける

素材を蒸し器に盛りつけます。

脂身のある肉などの素材と野菜を重ねるようにすると、お互いの味が程よく付いて美味しく仕上がります。但し、根菜など火の通りにくい物は重ねない方がよいでしょう。

STEP3:蒸す

蒸気の上がった鍋に蒸し器をセットし蒸します。

完成!

好みの蒸し加減で完成です。

蒸し時間について

他の料理と違い、蒸す料理に関しては感覚に頼らず、タイマーをかけて時間をみながら調理した方が、より美味しいタイミングを逃すことなく上手に仕上げられます。

あまり蒸しすぎると、食感を損ない色も悪くなりますので心持ち短めがお勧めです。しかし、焦がす心配はないので失敗の度合いは低く初心者向きの調理法です。

(蒸し時間の目安)

  • 葉野菜・・・約2~5分(レタス、小松菜、キャベツ、白菜など)

  • キノコ類・・・約3~5分(シメジ、エノキ、エリンギなど)

  • 実、つぼみ、茎を食べるもの・・・約3~7分(ズッキーニ、ピーマン、ブロッコリー、アスパラガスなど)

  • 根菜類・・・約5~10分(ニンジン、大根、蓮根など)

  • 芋類・・・約10~15分(ジャガイモ、里芋など)

素材や切り方の大きさ等によって変わります。
目安をご参考に、まずは少なめの時間から徐々に確認しながら一度試してみて、ご自分の好みの蒸し加減の時間を把握すると良いでしょう。

おわりに

野菜を蒸して何も付けずに食べる。至ってシンプルな食べ方ですが、野菜本来の甘味や香りが引き立ち、美味しい!と素直に思える味わいです。

特に地産地消、直売所で手に入れた野菜をその日に蒸すと同じ野菜とは思えない美味しさになったりします。産地や鮮度など、その時々の素材の善し悪しがダイレクトに味に出るので、その違いを感じてみるのも面白いですよ。

(Photo by 筆者)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。