\ フォローしてね /

預金・貯金の口座解約の方法

このライフレシピのもくじたたむ

振込や引き落としのために口座を開設したけれど、実はもう使っていない…というものはありませんか?ここでは口座解約の方法についてご紹介します。

一般的な方法について記載しています。詳しくは、ご利用の金融機関にお問い合わせください。

預金・貯金の口座解約の方法

普通預金口座の場合

口座を開設している金融機関の窓口で手続きをします。口座がある本支店に行く必要はなく、どの店舗でも手続が可能です。

一部の口座はこの限りでないので、事前に問い合わせてから行くとよいでしょう。
郵送代理人による手続はできません。

解約手続きに必要なもの

  • 本人確認資料(運転免許証、パスポート、健康保険証など)
  • お届け印
  • 通帳・キャッシュカード

通帳や印鑑を紛失してしまった場合

「本人確認資料」があれば手続ができます。印鑑を紛失してしまった場合は、代わりの印鑑が必要になるので忘れないように持って行きましょう。

店舗がない地域に住んでいる場合

お住まいの地域に、口座のある金融機関の店舗がない場合、その他の銀行で「預金取立」の手続ができます。手続のやり方はそれぞれの銀行で異なります。

手数料が必要な場合があります。

おわりに

詳しいことは、ご利用の金融機関にお問い合わせください。

(photo by amanaimages)

このライフレシピを書いた人
このライフレシピに関係するタグ

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。