1. 料理
    2. 桜の花弁をイメージしたイチゴケーキの作り方

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    桜の花弁をイメージしたイチゴケーキの作り方

    花弁型のふんわり優しいイチゴのケーキを焼き上げました!クリームでコーティングする必要もなく、焼きっぱなしの状態で、ちょこんとクリームと苺を飾るだけの簡単ケーキです!また、スポンジの生地はこの他にも、ロールケーキにも使えちゃいますよ。

    ここでは桜の花弁をイメージしたイチゴケーキの作り方を紹介します。

    材料(4人分)

    苺ケーキ(25×25)

    • 卵・・・3個
    • 薄力粉・・・45g
    • ストロベリーパウダー・・・15g
    • グラニュー糖・・・45g
    • サラダ油・・・30cc
    • お湯・・・30cc

    仕上げ

    • ホイップクリーム・・・100cc
    • 苺・・・1/2パック

    作り方(調理時間:120~150分)

    STEP1:粉をふるう

    薄力粉とストロベリーパウダーは、ボールに合わせて、2~3回ふるいにかけましょう。サラダ油は湯銭し、温めておきましょう。

    STEP2:卵白を泡立てる

    卵白にグラニュー糖を加え、メレンゲを作ります。爪楊枝をさして倒れないくらい泡立てましょう。

    STEP3:卵黄を泡立てる

    卵黄のボールに、お湯、湯銭しておいたサラダ油、STEP1の薄力粉とストロベリーパウダーを加え、泡立てます。トロミが出てきたら手を止めます。

    ここでオーブン180度の予熱開始します。

    STEP4:卵白と合わせる

    STEP2にSTEP3を加え、ボールを回しながら、底からすくい上げるようにして、全体に混ぜあわせましょう。

    STEP5:天板に流し入れる

    STEP4を天板に流し込みます。少し高い位置からトントンとテーブルに叩きつけて空気抜きをし、オーブン180℃で約12~15分焼きます。

    爪楊枝等で刺してみて何もついてこなければ、焼きあがりです。ついてくる場合は、2分くらいずつ様子を見ながら焼き続けてください。

    STEP6:焼きあがり

    焼き上がったら天板ごと少し高い位置から落とし、焼き縮み防止をします。生地がまだ熱いうちにラップをかけます。この状態で粗熱がとれるまで待ちましょう。

    ラップをかけるのは、生地の乾燥を防ぐためと、こうする事により、しっとりした仕上がりになるためです。

    STEP7:型を取る

    STEP6の粗熱が取れたら、クッキングシートとサランラップを剥がし、花弁の型を用意し、型抜きます。このサイズの大きさで9枚程型取れました。

    この型抜きは100円ショップで購入しました。

    STEP8:仕上げる

    盛り付ける器を用意し、STEP7のスポンジを4枚バランス良くのせます。

    その上にホイップクリームを4カ所のせます。

    その上に花弁スポンジを重ねます。

    STEP9:苺をのせる

    STEP8の上にホイップクリームをのせ、苺を飾ります。

    完成

    ケーキとケーキの間に半分に切った苺を飾ります。完成です!

    上手に作るためのポイント

    スポンジが焦げそうな時は、アルミホイル等をかぶして焼きあげましょう。

    さいごに

    桜の花弁をイメージしたイチゴケーキの作り方いかがでしょうか?ピンク色の可愛らしいケーキを飾るとテーブルの上も華やかに演出する事ができます!是非お試しください。

    (Photo by 著者)

    このライフレシピを書いた人