1. 暮らし
    2. 預金・貯金の口座名義人が死亡したときの対処法

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    預金・貯金の口座名義人が死亡したときの対処法

    身近な人が亡くなったとき、必要な手続きがいろいろとありますよね。そのうちの1つが、保有していた金融機関の口座の処理です。

    ここでは名義人が死亡したときの対処法をご紹介します。

    一般的な方法について記載しています。詳しくは、ご利用の金融機関にお問い合わせください。

    預金・貯金の口座名義人が死亡したときの対処法

    残高証明書を発行してもらう

    預金残高などの取引状況を確認するために、「残高証明書」を発行してもらいましょう。下記のいずれか1人の依頼があれば、発行してもらうことができます。

    • 相続人
    • 遺言執行者
    • 相続財産管理人等相続権利者

    取引店または近くの店舗の窓口で手続きが可能です。ただし、取引店以外で手続きする場合は、日数がかかることがあります。

    必要書類

    • 被相続人が亡くなったことが確認できる戸籍謄本等
    • 来店者が、相続人、遺言執行者、相続財産管理人であることがわかる戸籍謄本・審判書等
    • 来店者の実印および印鑑証明書
    残高証明書の発行には手数料がかかります。

    口座を相続する

    名義人が亡くなった場合、相続の手続きが必要です。内容により手続方法が異なります。詳しくは、ご利用の金融機関にお問い合わせください。

    相続手続きの基本の流れ

    STEP1:手続きを申請する

    まずは、取引店または近くの店舗窓口に行きましょう。取引の内容や、相続のケースによって手続方法が異なります。窓口で詳しい方法を教えてもらってください。「残高証明書」が必要な場合も、窓口で申請できます。

    STEP2:必要書類を準備する

    相続手続きに必要な書類を用意します。主な必要書類は以下のとおりです。

    遺言書がない場合

    • 亡くなった方の戸籍謄本
    • 相続人の戸籍謄本(上記で確認できない場合)
    • 遺産分割協議書(ある場合)
    • 相続人の印鑑証明書(発行日より3か月位内のもの)
    • 相続人(預金等の払戻を受ける方)の実印・取引印
    • 預金通帳・キャッシュカード・証書等
    • 指定の相続関係届出書(相続人全員の署名・捺印が必要)

    遺言書がある場合

    • 遺言書および、家庭裁判所の検認が済んでいることを確認できる資料
    • 亡くなった方の戸籍謄本
    • 受遺者・遺言執行者の印鑑証明書(発行日より3か月位内のもの)
    • 遺言執行者選任審判書
    • 受遺者・遺言執行者(預金等の払戻を受ける方)の実印・取引印
    • 預金通帳・キャッシュカード・証書等
    • 指定の相続関係届出書(ケースにより署名する人が異なる)

    STEP3:書類を提出する

    書類が準備できたら、取引店または近くの店舗窓口に提出します。

    STEP4:払戻し等の手続がされる

    書類が受理されたのちに、払戻し等の手続がされます。

    おわりに

    内容により手続方法が異なりますので、詳しくはご利用の金融機関にお問い合わせください。

    (image by amanaimages)

    このライフレシピを書いた人