\ フォローしてね /

お風呂の壁・天井・床の掃除方法

普段実践している、お風呂の壁・天井・床の掃除方法をご紹介します。

用意する物

  • 窓の結露取り用ワイパー
  • スポンジ
  • ウェットティッシュ

道具を選ぶ基準

ワイパーは窓の結露取り用に購入したのですが、ボトル付きではらった水滴がその中に溜まるので、天井の水滴をはらう時に自分に水がかからず便利です。

スポンジは湯船を掃除する物と同じです。細かい部分を掃除するにはやわらかく形の変わりやすい物が便利です。

ウェットティッシュは、アルコール入りが除菌効果がありそうですが何でもいいです。著者はドラッグストアで安売りしている物を買い置きしています。

お風呂の壁の掃除方法

STEP1:水滴を払う

壁に溜まっている水滴をワイパーでざっとはらいます。

ワイパーが浮かないように押さえながら、上から下にかき落とすようにするのがコツです

STEP2:スポンジでこする

壁をスポンジでこすり洗いします。

普段の壁掃除は水だけでこすり洗いしています。

洗い流す

シャワーで流します。

お風呂の天井の掃除方法

STEP1:水滴を払う

天井の水滴をワイパーではらいます。

縦横方向に2回はらうと水滴がきれいにはらえます。

集めた水はこぼして捨てられるので便利です。

STEP2:汚れを拭き取る

天井の汚れ、カビらしき物のはじまりなどは見つけ次第ウェットティッシュで拭き取ります。

水滴をはらってありますが、乾いた雑巾で空ぶきしてからウェットティッシュを使うと汚れが落ちやすいです。

お風呂の床の掃除

STEP1:スポンジの角を使ってこする

床は、タイルの目地に沿ってスポンジの角を使うようにしてこすります。

古い歯ブラシもあると便利です。また、目地に対して縦横両方向にこするのがコツです。

シャワーで流します。

掃除後

風通しをよくしておく

著者宅の浴室には窓がないので、掃除の後は浴室のドアを開けてできるだけ風が通るようにしています。

掃除の頻度とタイミング

掃除は毎日しています。タイミングは家族のいない午前中に済ませていますが、前夜家族全員の入浴が終わった時点でお湯は抜いています。

著者が気をつけていることは、水滴や湿気を長くついたままにしておかないことと、浴室の温度をなるべく早く下げることです。お湯は早めに抜き、壁や床に水を掛け流しておくと浴室の温度が下がります。

おわりに

お風呂のお掃除は大変ですよね。大がかりな掃除の頻度が少なくなるよう、参考になりましたら幸いです。

(Photo by 著者)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。