1. 趣味
    2. 沖縄 子宝祈願旅行「泡瀬ビジュル」の紹介

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    沖縄 子宝祈願旅行「泡瀬ビジュル」の紹介

    沖縄旅行というとまず一番にイメージするのは海に関するものが多いと思いますが、実は沖縄は、普天満宮、シルミチュー霊場 、古宇利島(こうりじま)等など、子宝スポットが沢山あるんです。

    そのうちの1つを紹介させていただきます。

    旅行の概要

    時期

    筆者たち夫婦は、11月中旬のオフシーズンに沖縄旅行に行きました。気温は20度以上で、他の都道府県に比べ暖かいですが、流石に海に入れる季節はやや過ぎています。

    筆者たち夫婦のように赤ちゃんを望んでいるご夫婦、オフシーズンの安い時期を狙って旅行をされてはいかがですか?

    目的

    会社を休職し、日常生活から離れ綺麗な景色を堪能し、癒されようと沖縄旅行を計画しました。

    宿泊先

    • ホテル日航アリビラ 2泊

    海がホテルの目の前にあり、とても景色がよくゆったりした雰囲気のホテルです。

    廊下やエレベータなどとてもいい香りの場所があり嗅覚的にも癒されます。ホテルの料理はどれもおいしかったです。

    • ホテルロイヤルオリオン 1泊

    那覇国際通りに面しているため、国際通りで遊ぶにはとてもお薦めのホテルです。

    空港からモノレールで来られるので、車の運転が出来ない方にお薦めだと思います。

    泡瀬ビジュル(泡瀬神社)

    泡瀬ビジュルとは

    こちらの神社は、漁猟に出た義正という方が、海面に浮かぶ霊石を持ち帰りビジュル神として祀ったところから始まった神社のようです。

    この“ビジュル”とは何かを調べたところ、どうも人形(ひとがた)をした自然石のことのようです。無病息災、子安、子授け祈願に参詣者が多くみえられるとのこと。

    筆者自身も、色々な方のブログを読ませていただきましたが、参拝して赤ちゃんが出来た方が沢山いらっしゃって、ご利益にあやかりたいと行ってまいりました。

    場所

    こちらの神社は、観光地からはややはずれたところにあるせいか、レンタカーの車とはほとんど出会いませんでした。

    神社への看板は特にみあたりませんでしたが、カーナビで問題なく辿り着きました。

    神社を車でひとまわりして駐車場を探したのですが、見つからず、社務所に聞いたところ「みなさん、そのへんにとめて参拝していますよ」とおっしゃってました。

    土地柄か駐車違反という意識がないのに驚きながらも、近くのお食事屋の駐車場をお借りしました。

    参拝

    神社は、緑がとても多く雰囲気がとてもいいです。筆者が参拝した日は平日だった為か、ほとんど参拝者はいませんでしたが、とてものんびりした気分を味わえました。

    旧暦の9月9日には例祭がありとても沢山の方が訪れるそうです。

    参拝しているうちに、こんなのを見つけました。上の写真の穴を良く見てください。

    こんなところに七福神 大黒天様が!!他には見あたらなかったので、誰かがわざとでしょうが、ぴったりはまっていて面白かったです。

    たくさんのひとが、思いを込めて絵馬を奉納していました。筆者もですが、大半の方が子授け、安産の願いを書いているものばかりでした。

    子授けのネズミの絵が描いているキーホルダータイプのお守りをおわけしていただきました。

    ネズミの絵なのは、ネズミが子供をたくさん産むからでしょうか?とても可愛いキーホルダーです。

    筆者を含めて、子宝祈願した方に赤ちゃんが授かり元気に生まれてきますように

    泡瀬ビジュル(泡瀬神社)イマイチな点

    筆者たちのように子供が欲しいという方は、いらっしゃるには良いと思いますが、そうではない人には、その他の観光スポットから外れているため行きにくいと思います。

    沖縄県に旅行する人に向けて観光に関するアドバイス

    沖縄に行くついでに子宝祈願ではなく、本格的に子宝祈願するために沖縄に行く方がいらっしゃいましたら、沖縄の子宝スポットは久米島のように離島にあったり各地に転々としております。

    沖縄に限らず神社仏閣などは遅い時間にまわるのは適していませんので余裕をもった日程を組まれることをお薦めします。

    また、中には男子禁制の場所や中にはツアーに参加しないといけない場所もあるので事前にきちんと調べてから旅行に行かれる事をお薦めします。

    最後に

    沖縄は海がとても綺麗で、海を堪能するのもいいですが、たまには他の角度からの旅行もいいのではないかと、子宝祈願を中心に書かせていただきました。

    海の入れない季節に行っても十分楽しめる場所はたくさんありました。皆さんも、オフシーズンに沖縄に行ってみてはいかがでしょうか?

    (photo by 筆者)

    このライフレシピを書いた人
    このライフレシピに関係するタグ