\ フォローしてね /

HBで一時発酵!ツナマヨパンの作り方

一時発酵まではHBに任せて、具材をのせて焼き上げたら、お店のようなツナマヨパンが出来上がりました!HBは10年前に購入したiwataniのIHB-10を使って作りました。まだまだ元気なマシンです。

材料(16個分)

パン生地

  • 強力粉…300g
  • マーガリン…20g
  • 塩…2g
  • 砂糖…25g
  • 卵(MS)…1個
  • 牛乳…100cc
  • 水…100cc
  • ドライイースト…6g

具材

  • ツナの缶詰…1個
  • 玉ねぎ…1/4個
  • 塩コショウ…少々
  • マヨネーズ…大さじ1~2
  • 醤油…2~3滴
  • 飾りのパセリ…適量

作り方(調理時間:120~150分)

STEP1:生地を作る(一時発酵まで)

ホームベーカリーを用意し、材料の水、牛乳、砂糖、イースト菌の順番でいれます。その上に、強力粉と卵、マーガリンを入れ、生地をこねるに設定し、スイッチを入れます。

生地がまとまってきたら、ここで塩を加えます。

ドライイーストを入れる場所があるベーカリーの場合、そこから入れるようにしてください。無い場合はドライイーストと塩を一緒に入れてしまうと、うまく膨らまない場合があるので、時間差で入れましょう。

STEP2:分割する

一時発酵まで終えた生地を、台に取り出し、手で軽く押さえてガスを抜き、ケッパーを使い16等分に分割し丸めます。ケッパーが無い場合は包丁等で切ることも可能です。

生地の丸め方は、分割した生地のスベスベの面を表に押し出しながら切り口を下へ引っ張って集め、生地をつまむ感じで底を閉じて丸めます。

STEP3:ベンチタイム

生地が乾燥しないように、フキンを濡らし、硬く絞り生地にかぶせ、15分程休ませます。(ベンチタイムといいます)

STEP4:具材を合わせる

パンの上に乗せる具を作ります。玉ねぎはみじん切りにします。ツナは蓋をあけ汁を切ります。そこへ塩コショウ、マヨネーズをいれ最後にお醤油を2、3滴いれて混ぜます。

STEP5:平らにする

ベンチタイムが終わったら生地を平らにします。手の平で潰し、次に麺棒等を使って伸ばします。

STEP6:フォークで穴をあける

STEP5に具材のツナをのせる部分にフォークで数カ所穴をあけます。

STEP7:具材をのせる

STEP6にSTEP4をのせ、オーブン機能を使って30度前後で30~40分間二次発酵します。

具材はパンの数に合わせて、均等にのせましょう。

STEP8:トッピング

STEP7が1.5倍位に膨らんだら、乾燥パセリとマヨネーズでトッピングします。

STEP9:焼く

180度に熱したオーブンで13~15分表面がきつね色になるまで焼きます。

完成

完成です!

上手に作るためのポイント

ベンチタイムは生地が乾燥しないように、濡れフキンやキッチンペーパーを硬く絞ってのせましょう。

さいごに

HBで一時発酵!ツナマヨパンの作り方いかがでしょうか?一度に沢山の生地ができますので、のせる具材をお好みでアレンジしてみてもいいですね!

是非おためしください!

(Photo by 著者)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。