\ フォローしてね /

不動産会社でお家探しをする方法

引越しにあたって賃貸物件を探すときには、不動産会社が欠かせませんよね。ですが、初めてのお部屋探しの場合には、勝手が分からず、不安になる方もいるかもしれません。

ここでは、下見の予約方法から不動産会社でのやり取りまで、不動産会社でお家探しをする方法をまとめてみました。予習して臨みたいという方は、是非参考にしてください。

本記事は、CHINTAIのご協力により、2013年に執筆されたものです。

物件情報を確認する

まずはメール・電話で希望物件の確認

気に入った物件をピックアップしたら、メールや電話で仲介している不動産会社にコンタクトを取りましょう。

好条件の物件は人気が高いので、迷っているなら、まず連絡しておくことが大切です。もし、希望の物件が既になくなってしまったとしても、近い条件の物件を探してくれます。

不動産会社に送るメールの書き方

連絡方法にメールを使う場合は

  • 物件の掲載してあったメディア
  • 物件ナンバー
  • 探している物件のおおまかな希望内容

など、問い合せをしたい内容をしっかりと伝えましょう。

物件の問い合わせをする際には、

  • 氏名
  • Eメールアドレス
  • 連絡先(電話番号など)

を伝えることも忘れないようにしてください。

来店の予約や物件下見の予約も事前にしておくとよいでしょう。

訪問・物件下見を予約する

予約は午前中に入れるのがベター

平日に働いている人の多くは、土日を利用して不動産会社を訪問しようと考えるため、週末は混み合います。また、午後になるほど下見や相談の人が増えてくるので、落ち着いて話を聞いてもらうことが難しくなる場合があります。

なので、予約はできるだけ午前中に入れるほうがよいでしょう。午前中なら、そのまま何件も物件の下見に周ることができるので、うまくいけば夕方までに決定できるかもしれません。

特に引越シーズンといわれる1~3月は店舗に人が殺到するので、平日に予定を入れたほうが無難です。

訪問する際のマナー

訪問する際のマナーとして、あまりだらしない服装はひかえましょう。部屋を貸すなら「共同住宅のルールを守れる人」を選びたいと考えるのは当然です。「だらしない服装=ルールを守れない」とは言いきれませんが、好感をもたれる清潔感のある服装を心がけてください。

不動産会社でのやり取り

不動産会社には、希望している条件を「これはムリかなぁ?」と思ってもはっきりと伝えましょう。信頼できる不動産会社であれば親身になって相談に乗ってくれます。

ただし、自分の希望をとおすことばかりを考えて、無理なわがままとならないように注意してください。あらかじめ決めておいた優先順位と合わせながら、現実に近づけていくことが大切です。

紹介された物件のわからないことや気になることは、なんでも質問していきましょう。納得した上で選ばないと、あとで後悔することになりかねません。

不動産会社に伝えること

  • 自分の連絡先:氏名、Eメールアドレス、電話番号など
  • 物件の掲載してあったメディア:Webサイト名、雑誌名など
  • おおまかな希望内容:家賃、地域、間取りなど

不動産会社で聞かれること

  • 引越しの理由:進学、転勤、結婚など
  • 引越しの時期:いつ頃引越したいのか
  • 現在の職業:学生、会社員など
  • 予算:希望家賃など(収入の1/3が目安)
  • 希望の間取り:◯LDK、◯帖、広さなど
  • 希望の地域:◯◯線沿線、◯◯駅など
  • 駅からの所要時間:徒歩1分=約80mが目安

おわりに

しっかり準備していけば、その分だけ効率的なお部屋探しを行うことができますよ。

(image by 筆者)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。