\ フォローしてね /

子供が喜ぶ!まんまるコロッケの作り方

我が家での定番コロッケです。コロッケの日はパパも子供達も大喜びでたくさん食べてくれます。子供が食べやすく、見た目にも可愛いまんまるのころころとした形が特徴です。

今回は、シンプルな味付けが素材の良さを引き出す絶品コロッケをご紹介します。

材料(4人分)

  • 牛挽き肉…300g
  • 玉ねぎ…2個
  • じゃがいも…大5個
  • 塩コショウ…適量
  • 小麦粉…適量
  • パン粉…適量
  • 卵…2個
新タマネギの季節には新タマネギを使うことで、より甘く美味しいコロッケができます。

作り方(調理時間:40分)

STEP1:じゃがいもの下準備

じゃがいもをよく洗い皮を剥きます。芽の部分はしっかり取り除きます。火が通りやすいよう、一口大に切っておきます。

STEP2:茹でる

一口大に切ったじゃがいもをお鍋に入れ茹でます。始めは強火で茹で、沸騰したら中火で茹でます。茹で時間は、じゃがいもの種類によって異なりますがだいたい15分から20分です。

湯で終わりの目安は、竹串でじゃがいもを突き刺した時すーっと突き刺さればOKです。

STEP3:タマネギの下準備

タマネギの皮を剥きみじん切りにします。タマネギは眼に染みるので気をつけて下さい。

STEP4:炒める

タマネギのみじん切りと挽き肉を油を引いたフライパンに入れ炒めます。火は中火にして、タマネギが焦げつかないようしっかり炒めます。

タマネギがしんなりしてきたら、塩コショウを振りお好みの塩加減に味付けします。挽肉の色が変わりしっかり火が通ったのを確認したらボールに移し熱を冷まします。

この時点でしっかり味を付けておくと美味しいコロッケが出来上がります。

STEP5:茹でたジャガイモを火にかける

茹で上がったじゃがいもは水を捨て、もう一度弱火で火にかけ粉をふかします。こうすることで水分が抜けつぶしやすくなります。火にかける時間は1分くらいで十分です。

STEP6:つぶす

じゃがいもをボールに移し、形がなくなるまでしっかりつぶします。塩を少々振っておきます。

熱い内につぶすと冷めてからよりもつぶしやすいです。

STEP7:まぜる

先ほど炒めた挽き肉とタマネギの中にじゃがいもを入れます。しっかり混ぜ合わせます。

手でしっかり捏ねながら混ぜると良いです。

STEP8:形作り

コロッケの形を作っていきます。定番の小判形でも良いですが、子供が食べやすく見た目も可愛い丸型に丸めています。

丸型の大きさはゴルフボール位をイメージして下さい。

STEP9:衣をつける

小麦粉、卵、パン粉をそれぞれボールに入れ準備します。丸めたコロッケを、小麦粉→卵→パン粉の順番にまぶします。

STEP10:揚げる

衣をつけたコロッケを180度の油で揚げていきます。一度に入れ過ぎず5〜6つ程度を一度に揚げるようにしましょう。

1分程度でほんのりきつね色になってくるので、そのタイミングで一度コロッケをくるくると回して下さい。隣同士ひっつかないようにします。

4分ほどでこんがりきつね色になります。きつね色に揚がったコロッケを取り出しよく油を切ります。

180度の油とはパン粉を少し入れた時、途中まで沈みまた浮き上がってくる状態です。

上手に作るためのポイント

衣をまんべんなくしっかり付けることで、サクサクの美味しいコロッケが出来上がります。

衣をしっかり付けるコツは、始めの小麦粉をムラなく付けることです。小麦粉をムラなく付けることで、卵、パン粉がしっかり付き、サクサクの衣に仕上がるわけです。

おわりに

コロッケは手間がかかりますが、その分手作りが1番美味しいと思います。牛挽肉を使って愛情いっぱいの美味しいコロッケに挑戦してみて下さい。

(Photo by 著者)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。