\ フォローしてね /

簡単調理で!筍ときゅうりの炒め煮の作り方

今回紹介するレシピは、少し珍しい筍ときゅうりの炒め煮です。筍に焦げ目をつけた上に醤油で煮しめるので、綺麗な色目とはなりませんが、冷蔵庫に入れておけば日持ちもしますし、お弁当の隙間埋めにもなります。

材料(4人分)

  • 筍(茹でたもの)…中3本
  • きゅうり…6本
  • だし汁…120cc
  • みりん…120cc
  • 醤油…40cc
  • ごま油…適量
4人分とありますが、上記の分量では大きめの器にいっぱいにできますので、一日で食べきりたい等ありましたら、1/3でも十分です。

作り方(調理時間:40分)

STEP1:材料を切る

筍は1/4に切って、根元の方を薄めに穂先にいく程厚めになるよう加減して切ります。

きゅうりは1本を1/3に、それをさらに4つに割ります。

STEP2:炒める

多めのごま油で両面に焼き色をつけます。

筍に焼き色をつけた残りの油できゅうりも炒めます。

多少焦げ目がついてしんなりしてくればOKです。

STEP3:煮付ける

炒めたきゅうりと筍をあわせて、だし汁・味醂・醤油の順に入れます。その後、蓋をして中火で5分~10分煮しめます。

焼き目をつけた筍はお皿に取り出しておいても良いのですが、筆者は煮付ける鍋の中に、焦げ目がついた順に投げ入れ、炒めたきゅうりも入れてしまい、後は煮しめれば良い状態にして置きます。

STEP4:完成

最後に、調理が終わった料理を上の写真のように盛り付ければ完成です!

注意点

きゅうりの中心の種の部分ですが、火を通すと水分が出てしまいます。なので、水っぽくなるのが嫌いという方は、予め削いで取ってください。筆者は、煮付けた時の食感が好きなのでそのままにしています。

さいごに

普通に煮しめるのとは筍の食感が変わって面白いです。きゅうりも煮付ける事により特に中の種の部分がとろとろになり、普段と違った食感が楽しめます。全体的に柔らかく仕上がります。

(image by 筆者)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。