\ フォローしてね /

超簡単!無添加イチゴジャムの作り方

イチゴの美味しい季節になりました。お店にはいろんなイチゴたちが並んでいますよね。そのまま食べるものもちろんおいしいのですが、簡単に無添加の手作りイチゴジャムを作れるのをご存知でしょうか。たまにはそういった食べ方も良いですよ。

今回は、簡単な無添加イチゴジャムの作り方をご紹介します。

材料(1時間20分程度)

  • イチゴ 1パック
  • グラニュー糖 40グラム
  • レモン汁 大さじ1
今回は栃木産のとちおとめを使用しました。

作り方

STEP1:下準備

イチゴをザッと洗って、ヘタを取ります。

STEP2:調味料をつけて寝かせる

水気を十分に取ったイチゴにグラニュー糖とレモン汁をかけて、1時間ほど常温で置いておきます。

1時間ほどすると、イチゴから透明な赤い水分が出て、グラニュー糖が溶け出しているようになります。その水分が煮るときの水分となります。

水気を取るために、クッキングペーパーで水分を取りましょう。
ラップなどをしないでください。ラップをしてしまうと密封されてしまうのでうまくイチゴから水分がでません。なにかフタをしたい場合は上にキッチンペーパーをかける程度にしましょう。

STEP3:火にかける

鍋に移して、かき混ぜながら約20分ほど弱火にかけます。

弱火でコトコト根気良くまぜましょう。とろみが出るまではちょっと時間がかかりますが、我慢して火加減は上げないようにしてください。火加減を上げてしまうと焦げます。

STEP4:アクを取る

白い泡はアクなので取り除いてください。とろとろになったら出来上がりです。

甘さの調節

甘さは人の好みによるものなので調節してください。グラニュー糖の量で加減できます。

筆者は作ったジャムは甘さ控えめです。

おわりに

イチゴジャムはジャムの中でも代表格のジャムです。大人から子供まで食べる人が多く、パンだけでなくスコーンやクラッカーにも合います。

是非簡単な無添加ジャムを作ってみてください。

(photo by 著者)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。