\ フォローしてね /

少しの手間で!キッチンが快適でキレイになる方法

毎日少し掃除するだけで清潔なキッチンを保てます。その為のポイントとコツをお教えします。

用意するもの

  • スポンジ
  • ハブラシ
  • 普段使っている食器用洗剤
著者は清掃グッズにはお金を掛けたくないので、不用品や捨てる一歩手前の物を利用しています。

汚れを落とすポイント

ポイント1 排水溝内とバスケットを取り出して洗剤で洗う

著者は週2回スポンジとハブラシを使って洗います。ヌメリがつきにくくなります。

ポイント2 油で汚れた食器や調理器具は洗う前にキレイに拭く

バターや油汚れの食器等はゴムベラと布切れでふき取ってから洗う事で、使っているスポンジや他の食器、シンクに油分が広がらずスッキリと洗えます。

この時ガスコンロの五徳も洗いましょう。

ポイント3 食後食器を洗い終えたらコンロを洗う

布切れでガスコンロとその周りを拭き、スポンジに食器用洗剤をつけて洗います。次に布切れで洗った所をキレイに拭きます。

汚れをためないための注意点

1 三角コーナーと排水溝のふたは不要

ヌメリの元ですし、洗う物は少ないほうがいいです。

2 生ごみは毎晩処分する

調理時の生ごみと排水溝のごみをネットごとビニール袋に入れ、冷凍庫にゴミの日まで入れておくと嫌な臭いがでません。

3 魚をさばく時は捨てていい物の上で切る

例えば開いた牛乳パック新聞紙の上などで手際よく切りましょう。

塩には殺菌効果があります。まな板を使った場合、きれいに洗ったまな板の表面全体に塩を振って手でこすり洗いし、水で流して乾かすのがおすすめです。

4 油はねガードをあえて付けない

油汚れをためる元になります。食器を洗い終えたらコンロとその回りも簡単に洗って拭くようにしましょう。

油汚れがスッキリしない場合は、熱めのお湯に食器洗用洗剤を混ぜゴム手袋をしてスポンジや布巾で掃除しましょう。

その他キレイを保つポイント

  • 目に見えなくても汚れはそこにあるものです。布巾で水ハネやコンロ台を拭きましょう。
  • キッチンには物を多く置かず、すっきりさせておく事が必要です。
  • 掃除道具は出しやすい場所に収納しましょう。

おわりに

キッチンがキレイということは、色々な菌から家族の健康をも守る事だと思っています。誰がキッチンに立っても気持ちよく料理ができるように心がけたいものです。

(Photo by amanaimages)
(Photo by 著者)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。