\ フォローしてね /

夏至の日のおすすめ!キャンドルナイトを楽しむコツ

筆者は毎年夏至にはキャンドルナイトをしています。

「でんきを消してスローな夜を」をスローガンにしている「100万人のキャンドルナイト」なる団体もあり、その呼びかけに共感しています。

ゆったりスローな夜も良いものですよ。

キャンドルナイトとは

1年で1番日が長い夏至。キャンドルナイトのイベントも各地で行われているので、出かけるのも楽しいですが、気軽にできるのが、自宅で行うキャンドルナイトだと思います。夜の2時間でんきを消してスローな夜を過ごしています。

キャンドルナイトを楽しむための3つのコツ

1:部屋でキャンドルをともす

事前にキャンドルを手作りして、夏至の日に部屋の電気を消してキャンドルをともします。その間はテレビも消します。それだけでとても静かな落ち着いた気持ちになるのが不思議です。

ろうそくそのものを手作りで作っても楽しいかもしれないですね。作り方は以下にあります。

2:お風呂でキャンドルをともす

お風呂場にキャンドルを持っていって、ゆったり半身浴。その時もお風呂場の電気を消して、キャンドルの明かりのみで入浴します。キャンドルの明かりがゆらゆら揺れてリラックスできます。

お風呂場の戸を閉めてしまうと、酸素不足になりますので換気を行うか戸を開けて入浴しましょう。

3:キャンドルを作る

次のキャンドルナイトに使うキャンドルを手作りします。みつろうを使うとすすの少ない空気を綺麗にするキャンドルが作れるそうです。筆者は香りを楽しみたいので、アロマオイルも入れて楽しんでいます。

手作りキャンドルの作り方はこちらのサイトを参考にしました。

nanapiにもろうそくの作り方があるので、参考にしてください。

おわりに

夏至の日にキャンドルをともすことで、ゆったりとした時間を過ごし、電気のありがたさを感じる日にしています。とてもよい習慣になっていると思います。ぜひ皆さんもキャンドルナイトしてみてください。

(photo by amanaimages)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。