\ フォローしてね /

マネー初心者でもできる!20代でお金を貯めるためにやった5つの見直し【体験談】

「大富豪とまでは望まないけど、一生お金に困らない人生が送りたい」とは、誰もが願うことではないでしょうか。国や会社に頼りにくいこの時代、お金に対する意識の差が、後々の生活を大きく左右していくことになりかねません。

ここでは、特に若い20代の独身女性にとって、お金を貯めていく上で気をつけてもらいたいポイントについてご紹介したいと思います。

筆者の20代前半の家計状況

  • 居住形態:一人暮らし(賃貸)
  • 月間収支:アルバイトの収入(手取り)12万円、支出10万円
  • 月間収支:入社後の収入(手取り)20万円、支出13~15万円
  • 貯蓄:100万円
  • ローン:なし

目標となるライフプランと貯蓄額

正社員への内定が決まった段階で、始めて貯蓄のことを意識するようになりました。収入が増えるのに伴い、月5万円ずつの貯金をし、年額60万円を目標貯蓄額に設定しました。

具体的に取り組んだマネープラン

生活費などを出し入れする口座とは別に、「貯める専用」の口座を開設し、会社の給与のうち5万円をそちらに別に振り込んでもらうようにしました。このマネープランを実践して、毎月5万円貯めることにしました。

気軽に手をつけられない場所にお金を置くというのがポイントです。

進捗・結果

「その口座は存在しないもの」と思って生活すると、結局アルバイト時代と同じぐらいの生活水準を維持すればいいだけだったので、さして苦労せずに目標額を達成できました。

20代でお金を貯めるためにするべき5つの見直し

1:リボ払いやカードローン

クレジットカードのリボ払いやカードローンで買い物をすると、高い手数料を取られてしまうので、利用しない方が無難です。特に、リボ払いは月々の支払額が一定になって便利なので、ついつい気が大きくなって高い買い物に手を出しがちです。

どうしても欲しいものは、その額を貯めてから一括で買うようにする方が、貯蓄へのモチベーションも上がってとてもいいですよ。

2:普通預金への預けっぱなし

超低金利時代と言われて久しいですが、「どこに預けても同じ」というわけでは決してありません。大手銀行の普通預金の利息が0.02%程度なのに対して、ネット銀行の定期預金はキャンペーンなどで0.3%程度になる時もあり、その差は歴然としています。

ある程度まとまったお金があるのなら、1つの普通預金に塩漬けするのではなく、定期預金や自動積み立てなどを始めてみましょう。

3:高い保険への加入

「知り合いの人に強く勧められて...」とか「もしものときに安心だから」などの理由で、20代から高い生命保険などに加入し、貯蓄力低下に陥っている人が多いような気がします。

保険料の払い込みと一緒に貯蓄できるタイプの保険もありますが、超低金利の今、保険と貯蓄を一緒にしても何も得することはありません。どうしてもという場合は、保険料が安く、掛け捨てのもので20代の独身女性なら十分だと思います。

4:人付き合いの要・不要の見極め

仲の良い友人や、気の置けない職場仲間との外食は楽しいものです。しかし、この交遊費がかさむと、びっくりするほど家計を圧迫します。誘われたときは何でも二つ返事でOKするのではなく、「その外食で新たな情報が得られるか」など少し俯瞰的視点で考えることも必要です。

5:衝動的な行動

仕事帰りに特に用事もないけどコンビニに寄ってしまうとか、何てことのない距離でもタクシーを利用してしまうとか、そういう衝動的な行動による出費を重ねていませんか。これも、お金の貯まらない大きな要因だと思います。

衝動的に何かにお金を使いそうになったら、ちょっとひと呼吸置いて、「これは本当に必要なことかな?」と考えるようにして下さい。

感想

定期預金だけでなく、投資信託にもチャレンジしてみればよかったなぁと思います。20代の頃から興味はあったのですが、結局仕事が忙しく、勉強途中で終わってしまいました。でも、上記の5つの見直しは20代にやっておいて本当によかったと思います。その浮いたお金の一部で海外旅行に行くなど、貯める一方ではなく有意義な使い方もできました。

おわりに

お金に縛られる人生は嫌ですが、賢い付き合い方はしていきたいものです。皆さんも自分のマネーに対する関わり方をもう一度見直して、有意義な使い方と貯め方ができるように頑張って下さいね。

(photo by 足成)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。