1. 趣味
    2. パッチワークパターン「風車」のやり方

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    パッチワークパターン「風車」のやり方

    「風車」は、1枚の型紙でできるので、初心者にもおススメのパターンです。1枚でコースターに、たくさんつなげてタペストリーにと、様々な作品に使えます。

    使用する道具・材料

    • 布2種類
    • 針・糸・はさみ
    • 画用紙(コピー用紙)・厚紙・鉛筆
    無地と柄、薄い柄と濃い柄などコントラストのつく布がおススメです。

    やり方

    STEP1:型紙を作る

    作りたい大きさの正方形の画用紙に写真の様な線を引きます。どれも同じ三角形なので、厚紙1枚で型紙を作ります。

    折り紙の要領でたたんで折り目を付けてもOKです。

    STEP2:型紙で線をひき、縫い代をつけて切り抜く

    布の裏に型紙を置いて線を描き、5mmの縫い代をつけて布を切ります。

    各布4枚ずつ切ります。

    STEP3:2枚をつなげる

    2枚を細かいなみ縫いでつなげます。

    縫い始めと縫い終わりを返し縫いして、端から端まで縫います。

    縫い終わったらアイロンをかけます。

    裏は、縫い代を片方に倒します。

    STEP4:はみ出した部分を切る

    角にはみだした部分をハサミで切ります。

    裏をよく見ながら、縫い目を切らない様に気をつけます。縫い目がある場合は、はみ出した部分を全部切らなくても大丈夫です。

    同様に4枚作ります。

    STEP5:2枚ずつつなげる

    模様の向きが風車になるように気をつけ、STEP3と同じ縫い方で上下2枚ずつつなげます。

    縫い終わったらアイロンをかけます。

    裏は縫い代が互い違いになるように倒します。

    STEP6:STEP5で縫った2枚をつなげます。

    縫い終わった後、アイロンをかけます。

    裏は縫い代を片方に倒します。

    上手に作るためのポイント

    しつけをしないで縫っても大丈夫ですが、心配ならしつけをして縫うと上手にできると思います。

    ピースをつなげるときに向きを間違えると「風車」の形にならないので、確認しながら縫ってください。

    (Photo by 著者)

    このライフレシピを書いた人