\ フォローしてね /

山で簡単に作って食べられる!絶品チーズフォンデュの作り方

山で食べる食事は、カップラーメンだってコンビニのおにぎりだって、何でも美味しいものです。

市販品でも十分感動はありますが、ひと手間加えた山料理はなおさらなので、今回は簡単にできる料理レシピをご紹介したいと思います!

著者が山で実践した「チーズフォンデュ」のご紹介

必要な材料(3~4人分)

  • チーズフォンデュ用とろけるチーズ:200g
  • 白ワイン:300ml
  • お好みの具材:適量

上の写真では、下記の具材を使用しています。

  • バケット:1/2本
  • なす:1本
  • ヤングコーン:6本
  • アスパラガス:2本
  • ミニトマト:6個
  • かぼちゃ:30g
  • ソーセージ:6本
  • じゃがいも:2個
  • 人参:1/2本

必要な道具

  • アルミホイル
  • クッカー(鍋)
  • ガスカートリッジ
  • ストーブ
写真にはありませんが、ストーブに点火する際にマッチやライターも必要です。

作り方

STEP1:家で具材の下準備をする

野菜やソーセージを食べやすい大きさに切り、鍋で茹でてから、ジップロックなどに入れておきます(そのままでも食べやすかったら、切らなくてOKです)。

チーズもジップロックに入れ、保冷剤と一緒にザックの中にしまいます。バケットは保冷剤なしでOKです(切るだけ切っておきましょう)。

STEP2:山でクッカーをセッティングする

後片付けが楽になるように、クッカーにアルミホイルを敷きます。

この過程も、家で済ませておいてもOKです。

STEP3:白ワインのアルコールを飛ばす

ガスカートリッジの上に、ストーブとクッカーをセットして点火します。白ワインを注ぎ、弱火で10分ほどアルコールを飛ばします。

STEP4:チーズを入れる

チーズフォンデュ用とろけるチーズをクッカーに入れ、よくかき混ぜます。トロトロの状態になったらスタンバイOKです!

STEP5:具をつけて食べる

あとは、好きな具材をフォークやお箸にさし、チーズをつけて食べるだけです。

山でこの料理を作る時の注意点・アドバイス

夏場は特に食材が傷みやすいので、必ず食材を持ち運ぶ時に保冷剤や保冷パックを使うようにして下さい。

また、チーズフォンデュに使う白ワインですが、瓶だと重たいしかさばるので、上の写真のようなプラスチックパック型のものをおススメします。使い終わった後に折り畳めて便利です。

実際に山で作って食べた時の体験談

2012年に群馬県の御荷鉾山に登ったときに、このチーズフォンデュを作って食べました。

山でチーズフォンデュなんて難しい感じがしていましたが、野菜などの下準備を家でしておけば、あとは白ワインにチーズを溶かして具材をつけるだけなのでとっても簡単で美味しく感動しました。

一緒に山に登った友人たちにも大変好評で、頂上での会話が弾みました。

おわりに

レトルトパウチのミートソースを1袋持参し、途中で混ぜてみても、味に変化が出てまた美味しいですよ!ぜひ一度山で試してみて下さいね。

(photo by 足成)
(photo by 著者)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。