1. 趣味
    2. 株式投資にかかわる指標ROE(株主資本利益率)の読み方

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    株式投資にかかわる指標ROE(株主資本利益率)の読み方

    ここでは、株式投資で参考にしたいROE(株主資本利益率)とその活用の仕方を紹介します。

    本記事は、やさしい株のはじめ方のご協力により、2013年に執筆されたものです。

    ROE(株主資本利益率)とは

    ROE(株主資本利益率)というのは、企業の収益性を測る指標です。株主資本(株主による資金=自己資本)が、企業の利益(収益)にどれだけつながったのかを示します。

    具体的な計算式は次のようになります。

    ROE(株主資本利益率)=1株あたりの利益(EPS)÷1株あたりの株主資本(BPS)
    1株あたりの利益(EPS)=当期純利益÷発行済み株式数
    1株あたりの株主資本(BPS)=株主資本÷発行済み株式数

    ROE(株主資本利益率)の読み方

    ROEが高い

    株主資本を効率よく使い、利益を上げて能力の高い経営がなされていることがわかります。

    ROEが低い

    ROEがあまりにも低い企業は、資金をうまく使えていないということがわかります。経営が下手ということで、会社の存在価値が疑われてしまいます。

    ROEとPERとPBRの関係

    実は面白いことに、ROEはPERやPBRとも密接な関係があります。次のような式が成り立つのです。

    ROE×PER=PBR

    それぞれの計算式は、ROE(EPS÷BPS)、PER(株価÷EPS)、PBR(株価÷BPS)で表すことができますから、実際に上の式に当てはめると、公式が成り立つことがわかります。

    ROE(EPS/BPS) × PER(株価/EPS)=EPS/BPS × 株価/EPS = 株価/BPS = PBR

    ここからいえることは、PBRが低い企業というのは、ROEやPERも低い可能性が大きいのです。

    PBRが低いということは、即座に「割安」と判断されがちですが、株主資本による企業の収益性(ROE)も低くなっていることがあるので、その点は注意が必要です。

    おわりに

    「PER」「PBR」「ROE」の指標は、まとめて覚えましょう!

    (image by amanaimages)

    このライフレシピを書いた人