1. 料理
    2. 美味しい酒蒸しの作り方

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    美味しい酒蒸しの作り方

    このライフレシピのもくじたたむ

    お酒を加えることで風味が増しそのまま美味しく素材の味を楽しめる、シンプルに少量の酒と塩で素材を蒸した、酒蒸しの作り方をご紹介します。

    酒蒸しとは

    酒蒸しとは、素材にお酒と塩を加えて蒸したシンプルな調理法です。一般的には、アサリの酒蒸しが定番ですが、魚介以外にも蒸し料理に適した食材であれば様々楽しめます。

    お肉類や、キノコなど旨みと出汁がでる食材が向いています。これらが含まれていれば、野菜を入れても味が浸みて美味しく仕上がります。

    酒蒸しの手順

    今回は、キノコと小松菜の酒蒸しの画像を例に手順をご紹介します。

    STEP1:素材を切る

    素材を適当に切ります。

    大きさは素材によりお好みで調整してください。サッと蒸して食べられる程度の大きさが良いでしょう。

    STEP2:酒と塩を入れる

    鍋に素材を入れて、お酒と塩を少量入れます。今回場合、小松菜、シメジ各1束程度に対し、酒30cc、粗塩小さじ1/5程度を使用しています。

    定番のあさり等、塩分の強い旨みの出る食材の場合は、塩を控えめにすると良いでしょう。作る量や素材に応じて調整して下さい。

    蒸す

    フタをして中火で一気に蒸します。蒸し時間は、今回の場合は約3~4分程度でキノコがしんなりする程度です。

    定番のアサリの場合は、貝のフタが開けばOKです。素材により火の通り方が違うので少なめから調整し、お好みの蒸し加減で仕上げて下さい。

    完成!

    お酒の効果で、キノコがふっくらした仕上がりとなり煮汁も美味しく頂けます。

    おわりに

    酒蒸しというと、あさりか、鶏ささみが一般的ですが今回のようにキノコ類をベースに野菜と一緒に蒸しても、そのままお酒を入れずに蒸した物とはまた違った風味の味わいになり、シンプルながら様々に食材を変えて楽しめます。

    (Photo by 筆者)

    このライフレシピを書いた人