\ フォローしてね /

新玉ねぎの食感を生かした3種類の切り方

このライフレシピのもくじたたむ

新玉ねぎが店頭に並ぶと、一足早い春の訪れを感じます。旬の時期が短く味わえる時期は限られていますが、通常の玉ねぎと比べ柔らかく水分が多いのが特徴で、新玉ねぎならではの、美味しさが味わえる3種類の切り方をご紹介します。

下処理

両端を切り落とし、周りの茶色い皮を取り除きます。

切り方3種

1:薄い輪切りにする

厚さ0.5mm~1mm程度の極薄い輪切りにする。スライサーを使うと便利です。

このように、薄切りにすると生食でサラダ等にそのまま入れても、食感がふんわり柔らかで美味しいです。

南蛮漬けなど酢やだし汁等に浸しても、通常の玉ねぎに比べ早く味が馴染み美味しく仕上がります。

2:みじん切りにする

縦に半分にし、縦にしたまま約0.5~1cm程度の幅で切り込みを入れます。

横にねかし、同様に約0.5~1cm程度の幅で切り込みを入れます。

向きを変え、切り込みを刻むとみじん切りの完成です。

このように、みじん切りにしても生で頂けるのが新玉ねぎの特徴です。瑞々しさがあり美味しいです。

ポテトサラダ等に混ぜ込んだり、ドレッシングの具にしたりと生のまま活用できます。もちろん、炒めてもジューシーに仕上がり幅広く活用できる切り方です。

3:くし切りにする

縦半分に切り横にねかせ、1/3のところで斜めに切り3等分します。

1個で6等分になります。

このように、厚みを持たせて切ると火を通した時にジューシーで柔らかくとても美味しく仕上がります。

火の通りが通常の玉ねぎに比べ早く、さっと蒸したり、焼いたり、煮たり様々な調理法に活用出来ます。火を通すと甘~い香りが漂います。

おわりに

新玉ねぎは、通常の玉ねぎに比べ辛みや食感が異なり、フレッシュさがありますので生食に向いていますが、火を入れても美味しく様々に活用できる万能野菜です。通常の玉ねぎにも応用できる切り方で、各々味わいの表情が変わるのも特徴です。

(image by 筆者)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。