1. 趣味
    2. いつもと違う声と抱っこで!ネコを叱る時のポイント

    暮らしの情報サイトnanapi終了のお知らせ

    2020年8月31日(月)をもってサービスを終了いたします。詳しくはこちらをご確認ください。

    いつもと違う声と抱っこで!ネコを叱る時のポイント

    どんなにかわいいネコちゃんでも怒らなければならないときってありますよね。動物と人間では違うのですが、怒り方のポイントには人間と同じような部分も感じます。

    ちょっと悪さをした場合、みなさんはどのようにネコちゃんを叱りますか?

    我が家のネコちゃん

    筆者宅のネコちゃんは元々はノラで生後まだ2ヶ月にならないぐらいの小さなときに筆者が保護しました。

    男の子なのですが、男の子とは思えないほどに臆病でおとなしい性格です。そしてなにより甘えん坊です。

    叱ってやめさせたかったこと

    我が家のネコちゃんはとても臆病なこともあってか、家族全員が寝静まったのを確認するとキッチンに置きっぱなしにしてしまった生ゴミを漁ったり、ゴミ箱の中を漁ったりするので、それをやめさせるために叱ります。

    意識して片付けるようにしてるのですが、ネコちゃんのツメやキバはなんでも開けてしまい、ネコちゃんが食べてはいけない玉ねぎなどが入ってる場合は命の危険になることもあるので、気づけば叱っています。

    叱り方

    STEP1:低い声で呼ぶ

    ガサガサと漁ってる音が聞こえたら、まず威嚇でいつもより低い声でネコちゃんの名前を呼びます。

    怒ってるとわかるような声で大きめに

    STEP2:抱き上げる

    実際に飼い主がその場に行き、こちらが怒ってるとわかると逃げようとするのですが、あえて抱き上げて、しっかりと目を見て強く低く「ダメ!」と言います。

    抱き上げるのは抱っこするのではなく、両脇をしっかりと持って上げるだけです。抱っことは違うということを理解させます。

    避けた方が良い叱り方

    逃げた猫を追いかける

    悪いことをして叱られると逃げます。その逃げた先まで追いかけたり、ネコちゃんが自分の安全のために隙間に入ったりしたのをわざわざ引き出すようなことをするのはただ恐怖心を与えるだけです。

    叩く

    ネコちゃんを叩くことは絶対にしてはいけません。人間でちょっと叩いただけの行為がネコちゃんにとってはとっても痛く人間の10倍以上痛いので恐怖でしかありません。

    思いっきり叩いてしまうとショックで死んでしまったり、内臓が破裂してしまうことも。

    叱るときに気をつけたいこと

    叱ったあとはそのままにせず、時間が空いてからしっかりとフォローするようにしましょう。叱られたことはネコちゃんであってもショックですから、ショックを受けたネコちゃんをやさしくしてください。

    言葉を発することができないからこそ、コミュニケーションでしっかり信頼関係をつくりましょう。

    おわりに

    かわいいネコちゃんでも時に悪さをしたときにはイラッときてしまうものですが、叱るときはイライラにまかせて怒るのではなく、注意する意識で怒ってるということを伝えるような叱り方ができるとベターですね。

    かわいいからこそ、叱らなければいけません。叱ることで生まれる信頼関係もあると思いますよ。

    (photo by 著者)

    このライフレシピを書いた人