\ フォローしてね /

初心者でも分かる!桂むきの方法

包丁技術の向上のための練習や、刺身のツマ作りに利用される桂むきの方法をお教えします。

用意するもの

  • 包丁
  • 大根

大根の下準備

大根を幅5~10cmの輪切りにしましょう。皮はそのままで結構です。皮に極端にたくさん泥がついていたら水洗いしましょう。

包丁の持ち方

薬指と小指で柄を、残りの指で刃を持ってください。

桂むきのやり方

STEP1:皮と身の間に刃を入れる

まずは、大根の皮と身の間に刃を滑りこませます。

STEP2:左手の親指をあてがう

身から離れた皮に、左手の親指をあてがいます。すると、包丁が自動的にまた少し皮をはがします。

STEP3:大根を少し右に回す

左手の親指が伸びきったら、大根を少し右に回しましょう。これで、桂むきができていきます。

初心者が陥りやすい問題として、左手を切るのを恐れるあまり、刃の近くまで大根に指をあてがい続けないことがあります。こうすると薄く向けないばかりか、不安定でかえって危険です。

おわりに

このように、包丁を持った手ではなく、左手を主導して行うのがコツです。

(photo by 著者)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。