\ フォローしてね /

ツルツルぴかぴかに!クレンザーを使った基本的な掃除のやり方

台所用洗剤では落ちないしつこい油汚れや、シンクの水垢にはクレンザーを利用するのがとても便利です。

今回は、クレンザーを使った基本的な掃除のやり方をご紹介します。

クレンザーで掃除をするのに向いている汚れや場所

  • キッチンシンクの掃除
  • フライパンや鉄板、魚焼きグリルなどのこげつき
  • しつこい油汚れ
  • お風呂の浴槽

などなど、クレンザーには色々な用途があります。

クレンザー以外に用意する道具

  • スポンジ
  • お湯

クレンザーの基本的な使い方

クレンザーを使ったキッチンシンクの洗い方です。

STEP1:クレンザーを振りかける

キッチンシンクにクレンザーを2~3回程度振りかけます。

STEP2:濡らしたスポンジで磨く

濡らしたスポンジで磨きます。濡らしたスポンジでないとうまく泡立ちません。

しっかりとよく濡らしてから擦りましょう。

STEP3:お湯で流す

磨いたらすぐに40℃くらいのやや熱めのお湯で洗い流しましょう。

流さず放って置いてしまうと、クレンザーがシンクに付いたまま乾いてしまい、落としにくくなってしまいます。

STEP4:完了!

ヌルッとしなくなるまでしっかりお湯ですすいで完了です。

クレンザーで掃除すると、ざらざらする水垢から、飛び散った液体汚れまで、キレイに落とすことができます。磨いた後は、キッチンシンクがぴかぴかに輝きます。

同様のやり方で、お鍋の油汚れやこげつき、浴槽の水垢掃除などもクレンザーでキレイにすることができます。

クレンザーを使うときに注意すべきこと

お鍋やコンロなどの中には傷がつきやすい材質のものもあり、クレンザーで擦ると傷が付いてしまうことがあります。確認してから使用してください。

おわりに

ツルツルのシンクは使うときはとても気持ちが良いですよ。簡単にできますので、ぜひクレンザーでお掃除してみてくださいね。

(photo by 筆者)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。