\ フォローしてね /

トランプゲーム「ピラミッド」のルール・遊び方

この記事では1人で遊べるトランプゲーム「ピラミッド」のルール・遊び方をご紹介します。

ゲームの概要

28枚のカードでピラミッドを作り、開いた2枚のカードの合計が13になるものを取っていくゲームです。

  • プレイできる人数:1人
  • 使用するトランプの枚数:ジョーカーを抜いた52枚

「ピラミッド」のやり方

STEP1:並べる

トランプをシャッフルしましょう。そして、1枚ずつ裏向きにトランプを並べていきます。上から1段目は1枚、2段目は2枚、3段目は3枚、4段目は4枚、5段目は5枚、6段目は6枚と並べていきます。

7段目は表向きに7枚並べます。少しずつカードを重ねてピラミッドの形を作ってきます。残ったカードは手札になります。

上のトランプのお尻の端の部分に重なるように置いていきましょう。

STEP2:下の段を見る

表向きになっている1番下のカードを見ましょう。マークに関係なく2枚の合計が13になるものを全て取り除いていきます。

13(K)の場合は1枚だけ取り除きましょう。

STEP3:カードを表向きにする

7段目のトランプを取り除いて次の段(6段目)のトランプの上に重なるものがない場合、トランプを表向きにします。

STEP4:手札からトランプを取る

表向きにしているトランプから13にならずに取り除けなくなったら、手札の1番上のトランプをめくりましょう。そのトランプと表向きのトランプの合計が13になれば取り除くことができます。

今回であれば3が出たので、7段目にある10と合わせて13に。10が取り除けて6段目を1枚あけられます。

なければ引いたカードを捨てて2枚目をめくり、13にならなかったらまた切り捨て3枚目をめくり…の繰り返しです。

勝敗の決まり方

手札を全部使ってもピラミッドが全て崩せなかったら失敗です。

ピラミッドになったトランプを全て表向きにし、すべてが13になったら成功です。

ゲームの楽しみ方(体験談)

筆者は賭け事として1人でやっていました。このピラミッドですべて13になったら、大好きな先輩と両想いになれると勝手な賭け事です。

結局、すべて13にならずに先輩とも両想いにはなれませんでしたが、集中できたので楽しかった思い出があります。

おわりに

1人でできるし、小学1年生が算数を勉強するためにも足し算になるのでいいと思います。

やるまでは難しくても、慣れれば簡単なゲームなのでぜひ試してみてはいかがでしょうか?

(photo by amanaimages)
(photo by 筆者)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。