\ フォローしてね /

雨の日も快適に!車の窓の曇り対策法

雨の降る日の運転は、視界も悪く、気疲れするものです。雨だけでなく、ガラスが曇ると一層視界は悪くなり、走行に障害が出てきます。

本記事では、雨の日に曇りをつけないための事前の対策と、曇った時の対処方法を紹介したいと思います。

窓に曇りをつけないための事前の対策

1:窓の汚れをとる

窓に汚れがあると曇りやすくなります。薄めた中性洗剤などで湿らせたきれいな雑巾で、拭き掃除を行いましょう。

2:曇り止めをスプレーする

曇り止めにはスプレータイプや、ウェットシートで拭くタイプなどいろいろなものが、カー用品店で販売されています。用途に合わせて選んでください。

筆者は、オートバックスのHPから購入しています。

窓の曇りをとる有効な方法

1:デフロスター(defroster)を利用する

デフロスターは、着霜・着氷・結露を防止するための装置で、筆者の車では窓型のマークです。

  • 風量→最大にセット
  • 内気循環/外気導入→外気導入
  • 吹き出し口設定→DEF(デフロスター)にセット

上記の設定後、エアコン・スイッチ(A/C)をONにして下さい。

エアコンを夏場以外使わない人もいますが、エアコンは除湿機能があります。雨の日や雪の日も活用してください。

2:曇りが取れたらデフロスター(defroster)を解除する

曇りが取れたあとDEFの状態を続けると、窓の外側が曇ってくることがあるので、曇りが取れたら、吹き出し口の設定を通常に戻します。

3:それでも曇るときは窓を開ける

窓の曇りの原因は、室内外の温度差です。雨が入りづらい場所に車を停めて窓を開け、換気をしましょう。

おわりに

いかがでしょうか?

雨の日や曇った窓の運転は、わずらわしいものです。窓ガラスの曇りを取って少しでも快適に、そして安全運転を心がけたいものですね。

(photo by 足成)
(photo by 著者)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。