1. 趣味
    2. 織姫と彦星がかわいい!子供にも簡単な「折り紙短冊」の作り方

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    織姫と彦星がかわいい!子供にも簡単な「折り紙短冊」の作り方

    七夕には笹にたくさんの短冊を飾りますよね。どうせなら子供たちと一緒に素敵な短冊を手作りしませんか?笹もいつもより豪華になりそうです。

    普通の短冊に可愛く折った折り紙をくっつければ、とったも可愛らしい折り紙短冊が出来上がりますよ。子供たちも喜んでくれそうですね。

    ここでは、織姫と彦星がかわいい「折り紙短冊」の作り方を紹介します。

    必要な道具・材料(短冊2つ分)

    • 折り紙 (4色)
    • はさみ
    • のり

    作り方

    STEP1:2枚の折り紙を三角に半分に切る

    2枚の折り紙を三角形になるように半分に切ります。

    織姫又は彦星の着物になります。

    STEP2:折り紙を少しずらして並べる

    三角形に切った折り紙を裏返し、少しずらして写真のように並べます。

    STEP3:重なるように左右を折る

    写真のように重なるように左右を折ります。

    重ね合わせることで、着物の衿の部分ができます。

    STEP4:のり付けする

    写真の斜線部分にのりを付けて貼ります。

    STEP5:星と文字を書く部分を貼りつける

    お願い事を書く部分と星飾りを、残りの折り紙を切りとって作ります。それぞれを下と上にのりで貼りつけます。

    STEP6:顔とお願い事を書く

    顔とお願い事を書いたら完成です。

    キレイに飾り付けるポイント

    織姫と彦星の顔とお願い事を書いた面を外側に向けて、しっかり見えるように飾りましょう。着物の部分には鮮やかな色の折り紙を、お願い事を書く部分には薄い色の折り紙を使うと、織姫と彦星も、お願い事の文字もよく目立ちます。

    おわりに

    好きな色の折り紙で、織姫と彦星にきれいな着物を着せてあげてください。折り紙を折ったり、顔を書き込んだりと、子どもと楽しみながら作れます。見た目もとってもかわいいので、作ってみてください。

    (photo by 著者)

    このライフレシピを書いた人
    このライフレシピに関係するタグ