\ フォローしてね /

美味しく下ごしらえ!生イカを柔らかく茹でる方法

このライフレシピのもくじたたむ

生イカは中途半端な火の通し方が、一番固くなります。下茹でして使うか、じっくり30分以上煮込むかの2択で柔らかく美味しく仕上がります。

今回は下処理の中でも、既に調理に使える状態になっている生イカを柔らかく下茹でする方法をご紹介します!

下茹での方法

使う調理の想定は、煮込み料理です。焼く調理法の場合は下茹でする必要はありません。

イカを美味しく煮る際は、サッと火を通すか長時間火を通すかの2択になりますので、他の素材と合わせ短時間で煮込み料理を仕上げる場合は、下茹でをして後半で下茹でしたイカを入れると上手に仕上がります。

STEP1.生イカを切る

生イカを調理に使う用途に応じた大きさに切ります。

STEP2.沸騰した湯に入れ、火を止める

沸騰した湯に生イカを入れた瞬間に、すぐ火を止めます。

STEP3.そのまま3分待つ

そのまま湯に入れた状態で、3分待ちます。

下茹でするというと、グツグツと沸騰した中で茹でるというイメージですが、生イカの場合は、温度が高すぎて逆に中途半端な加熱状態になり固くなってしまいます。

完了!

湯から取り出して、完了です。

そのまま酢味噌などに付けて食べても、ふっくら柔らかで美味です!煮込み料理に使う時は、最初から入れずに後半でサッと味を馴染ませるようにします。

おわりに

イカの煮物は、いつも固くなるという印象をお持ちの方は、ぜひ、ご参考になさってみて下さい。失敗なく、ふっくら柔らかなイカの美味しさを味わえます。

(Photo by 筆者)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。