1. 料理
    2. ビストロ風!「牛肉の赤ワイン煮」の作り方

    暮らしの情報サイトnanapi終了のお知らせ

    2020年8月31日(月)をもってサービスを終了いたします。詳しくはこちらをご確認ください。

    ビストロ風!「牛肉の赤ワイン煮」の作り方

    ご家庭でも気軽に本格的な味を楽しめるようなレシピに仕上げました。お好み焼き用ソースが隠し味です。

    じっくりコトコト煮込まれた柔らかい牛肉は美味しいですよ。

    材料(4人分)

    • 牛肉シチュー用・・・500g
    • 玉ねぎ・・・1個
    • 人参・・・1本
    • ケチャップ・・・大さじ2
    • お好み焼き用ソース・・・大さじ1
    • コンソメキューブ・・・1個
    • ローリエ・・・1枚
    • 赤ワイン・・・400cc
    • 水・・・150cc
    • 小麦粉・・・大さじ1
    • オリーブオイル・・・大さじ2
    • 塩・胡椒・・・適量
    • スプラウト(飾り)・・・適量

    作り方(調理時間:150分)

    STEP1:牛肉に下味をつける

    牛肉全体に塩、胡椒をまぶし、ビニール袋に入れて揉み込みます。そのあとに袋の口を縛り、冷蔵庫でひと晩馴染ませます。

    STEP2:野菜の下ごしらえ

    玉ねぎを縦半分にカットし、その後10mm程度にスライスします。人参は8mm程度の輪切りにします。

    マッシュルームは湿らせたキッチンペーパーなどで汚れを優しく拭い、半分にカットします。

    STEP3:牛肉の下ごしらえ

    牛肉の袋に小麦粉を入れ、空気を残した状態で口を縛り、袋を振って小麦粉をまぶします。

    STEP4:牛肉を炒める

    厚めの鍋にオリーブオイル大さじ1を熱し、中火で牛肉の表面に焼き色を付けます。5分ほどして全体的に焼き色が付いたら、一旦お皿に取り出します。

    あとで煮込むので、中に火が通っている必要はありません。

    STEP5:野菜を炒める

    同じお鍋にオリーブオイル大さじ1を足し、玉ねぎ、人参、マッシュルームを中火で3分ほど炒めます。

    玉ねぎが透明になり始めたら、牛肉をお鍋に戻します。

    STEP6:煮込む

    赤ワインを入れ沸騰したら、水、コンソメキューブ、ローリエ、ケチャップ、お好み焼きソースを入れます。

    再び沸騰したら蓋をして、弱火で2時間煮込みます。

    STEP7:味見をしながらさらに煮込む

    時々かき混ぜて、1時間くらいしたら味見をして、薄いようでしたら塩胡椒を足してください。

    STEP8:完成!

    盛りつけたあと、上にスプラウトを飾ると彩りが良くなります。

    上手に作るためのポイント

    とにかく、弱火でじっくりコトコト煮ることです。煮込む時間が少ないとお肉が柔らかくなりません。

    (image by 筆者)

    このライフレシピを書いた人