\ フォローしてね /

豪快に牛肉を煮こむだけ!麺つゆベースのすきやき丼の作り方

毎日の料理の献立を考えるのは、とても面倒ですよね。

こちらでは、たっぷり牛肉を使って、2、3日はそんな悩みから開放される豪快すきやき丼をご紹介します。

材料(二人分)

  • 牛肉…400g
  • 焼き豆腐…一丁
  • 玉ねぎ…二個
  • しいたけ…1パック
  • えのき…一袋
  • しらたき…一袋(200g程度)
  • たまご…人数分(この場合は2個)
  • 麺つゆ(どこのメーカーでもOK!)…適量
  • 醤油…200ml
  • 調理酒…100ml
  • 砂糖…大さじ1

下ごしらえの方法(5分程度)

STEP1:しいたけを切る

しいたけは柄の部分を取り除き、傘に十字に切れ込みを入れます。

STEP2:えのきを切る

えのきは根の部分を切り取り、手でバラします。

STEP3:しらたきを切る

しらたきは適度な大きさに斬りましょう。

STEP4:たまねぎを切る

玉ねぎは茶色い皮を剥いて、芯の部分を取り除きます。

そして薄切りにします。適当でも全く構いません。

STEP5:切った材料をまとめる

上記の材料を水洗いしたら、一箇所にまとめましょう。これを①とします。

STEP6:豆腐を切る

焼き豆腐だけは手の上で適当な大きさに切って、別の場所に置いておきましょう。

下ごしらえはこれで終わりです。調理に入りましょう!

作り方(約20分)

STEP1:牛肉を炒める

厚めのフライパンにサラダ油等を少ししき、牛肉を炒めましょう。

STEP2:野菜を炒める

牛肉に軽く火が通り、赤い部分が少なくなったら、下ごしらえのSTEP5で一箇所にまとめた野菜①を豪快に投入しちゃいましょう。

かき混ぜながら、牛肉は焦げ付かないように気をつけて下さい。

STEP3:麺つゆを入れる

材料がフライパン上で均等に行き渡ったら、麺つゆを、材料が半分程度埋まる程入れて下さい。

STEP4:煮込む

その後水をフライパンがひたひたになるくらい入れ、酒も100ml程入れて煮込みましょう。

お肉に赤い部分が無くなったら味の調整タイムです。醤油、砂糖を適量加えましょう。

筆者の場合は目分量が多いですが、カップに醤油200mlと砂糖大さじ一杯程度から初めて、少しずつ味を見ながら醤油、酒、砂糖を加えて、味を整えて、自分好みの味にして下さい。

醤油や砂糖を最初から多めに入れるのは避けたほうが良いでしょう。水や酒で薄めることは出来ますが、限界があります。

STEP5:豆腐を入れる

味が整ったら、焼き豆腐を形が崩れないようにそっと入れましょう。

豆腐に味が沁みるまで15分程度は煮込みましょう。玉ねぎの色が、茶色くなったら、そろそろ食べごろです。

完成!

生卵を溶いてから掛けるのもよし、生卵を横の置いて、つけ汁の様にしてもよし、完成したらあとはご自由にどうぞ!

上手に作るためのポイント

牛肉を炒めるとき

サラダ油の変わりに牛脂を使うと、美味しさがランクアップします。牛脂はちょっとしたスーパーで無料で貰えるので、是非、試してみて下さい。

具材を炒めるとき

具材を焦がしてしまうと、非常に味に影響が出ます。ですから、木べらや菜箸利用して上手くかき混ぜながら炒めて、その後麺つゆを加えて下さい。

おいしく食べるには

煮込み料理の一種であるので、冷える時に具に味が染み込みます。ですから、食べる直前よりはお昼に作り、夕飯時にもう一度火にかけ、温めてから食べるとより一層美味しく頂けるでしょう。

その他アドバイス

保存方法

夏場でなければ、常温保存で三日は軽く持ちます。冷蔵庫に入れれば、さらに長持ちします。

ただし、一日一回は煮立たせるように火を全体に通して下さいね。

箸の持ち方に自信が無い方へ!

そんな時はシリコンコーティングされた万能トングがあるととても便利です。フライパンの底を炒めること無く、かき混ぜることが出来ます。

筆者は箸の持ち方が悪く、すぐに手が痛くなってしまいますが、これを使い始めてからはそんなことはなくなりました。100円ショップでも売っていますので、先ずは試してみては如何でしょうか。

さいごに

とても簡単なメニューです。オージー・ビーフでも勿論美味しいですが、お買い得セール等で国産牛肉が安い時なんかに買って、多めに作ると、数日は豪華な夕食が楽しめます。さぁ、実践してみて下さい!

(photo by 著者)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。