\ フォローしてね /

笑顔で挨拶!役立つインドネシア語

海外では、言葉の不安はつきものです。英語圏ならまだしも、アジアの場合、いったいどうすればいいのか…。

そこで、インドネシアのバリ島在住の筆者が、インドネシア滞在時に役立つインドネシア語をご紹介します。筆者のインドネシア語は、日常会話ができる程度のものですが、ぜひ、参考にしてみてください。

インドネシアの言語

ひとくちにインドネシアといっても、大小1万3700あまりの島々が、東西に広がっているので、地域によって使われる言語も違います。それでは困る、ということで出来たのがインドネシア語です。なので、年配の方などはには、インドネシア語が通じない、ということもしばしばあります。

例えばバリなら、バリ人同士の会話には「バリ語」、バリ以外のインドネシア人と話すときは「インドネシア語」になります。

バリ語は、バリ・ヒンズー教のカーストにより、階級によって使う言葉も異なるのでとても難しく、間違った言葉は相手に対して失礼にあたることもあります。

また、観光地のホテル・レストラン・お店などでは、英語が通じます。日本語が堪能な、ガイドやスタッフも多いです。

しかし、こちらがインドネシア語を使うと、現地の人はとても喜びます。バリ人はおしゃべりが大好きなので、ついつい長話なんてこともしばしばです。

役立つインドネシア語

インドネシア語の発音は、基本的にはローマ字読みです。「e」のみ、「エ」と発音するときと、「ウ」(エの口の形で、ウと発音する)と発音するときがあります。

1:挨拶

  • Selamat pagi.(スラマッ パギ):おはようございます。
  • Selamat siang.(スラマッ シアン):こんにちは。日中の挨拶です。
  • Selamat sore.(スラマッ ソレ):こんにちは。夕方の挨拶です。
  • Selamat malam.(スラマッ マラーム):こんばんは。
selamat:おめでとう /pagi:朝 /siang:昼 /sore:夕方 /malam:夜

朝起きたら、ホテルのスタッフに「pagi~」(パギ~)、と声を掛けてみてください。pagiは朝という意味です。本当は「Selamat pagi」(スラマッ・パギ)なのですが、インドネシア人は省略が大好き。「pagi」だけの方が、通っぽいですよ。スタッフも必ず「pagi~」と返してくれるはずです。

この、selamatを使う挨拶はほかにも、

  • Selamat tidur.(スラマッ ティドゥール):おやすみなさい。
  • Selamat makan.(スラマッ マカン):召し上がれ。
  • Selamat tinggal.(スラマッ ティンガル):さようなら。

などがあります。こちらは省略しない方が良いです。動詞なので、命令になってしまいます。

tidur:寝る/ makan:食べる/ tinggal:残る、とどまる

おはよう、こんにちは、と言ったら、必ず付いてくるのが、以下の言葉です。

  • Apa kabar?(アパ カバール?):ご機嫌いかがですか?
疑問形は語尾が上がります。

聞かれたら、こう答えてください。

  • Baik-baik saja.(バイッ バイッ サジャ):元気です。

この会話は2つでセットみたいなものです。筆者は以前、「元気ではありません」と答えたところ、「どうした?何があった?」と、面倒なことになってしまったので、それ以来、元気じゃなくてもこう答えるようにしています。

apa:何? /kabar:便り・知らせ /baik:良い /saja:ただ~だ・~だけ

2:意思表示

ビーチでのんびりしていると、おばちゃんが「アクセサリーはどう?」「三つ編みしてあげようか?」などと、しつこく言い寄って来たりします。

また、道を歩いていると、座っている男の人たちから「トランスポート?(送ってあげようか?もちろん有料で)」、などと10mおきに声を掛けらてうんざりすることもしばしばです。

そんな時にははっきり言いましょう。

  • Tidak mau.(ティダッ マウ):いりません。
  • Tidak usah.(ティダッ ウサー):必要ありません。

ただし、怒るのはよくありません。宗教的な理由ですが、バリ人は怒ることも怒られることも大嫌いです。あまりにも物売りがしつこい時や、緊急時(ひったくりに会った・痴漢にあった等)以外は、怒鳴ったりしない方が良いと思います。

tidak:否定 /mau:~したい /usah:必要な

3:感謝

  • Terima kashi.(トゥリマ カシー):ありがとう。
  • Sama sama.(サマサマ):どういたしまして。

スパで気持ちいいマッサージをしてもらったり、ガイドさんに送ってもらったら、最後に「ありがとう」と言ってみてください。相手の顔は、パァーっと明るくなって、最高の笑顔で「どういたしまして」と返してくれるはずです。

この、「Terima kasih」は、最高のお礼です。例えるなら、(命を助けていただいて)ありがとう、ぐらい固い言葉です。気軽に使うなら、「ma kasih~」(マカシ~)と省略したほうが、インドネシア人っぽくて良いと思います。

筆者は買い物をして、お店を出るときに、必ずこの言葉を言うようにしています。お互い笑顔で、気持ち良く買い物ができます。

terima:受け取る /kasih:感謝 /sama:同じ

インドネシアへ旅行される方へ

筆者が、まだあまりインドネシア語ができないときに、覚えたての言葉を使いたくて、買い物のときに「いくら?」と、インドネシア語で聞いてしまいました。相手は、もちろんインドネシア語で答えたのですが、インドネシア語の数字がよく解らず、結局英語で初めからやり直し、といったことがありました。

会話は無理にインドネシア語を使う必要はありません。相手は英語や日本語ができる場合が多いからです。

あまり難しく考えないで、まずは簡単な挨拶から始めてみましょう。

おわりに

簡単な挨拶を少し使うだけで、相手の顔も変わります。外国人が自国の言葉を使ってくれたら、誰でも嬉しいですよね。そこから、友情や恋愛が芽生えることもあるかもしれません。(筆者はそうこうして、何度もバリに通ううちに、ついにはバリ人と結婚してバリに住むはめになりました。)

皆さんも、インドネシア語で、楽しい旅の思い出を作ってくださいね。

(Photo by 筆者)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。