\ フォローしてね /

下味と片栗粉がポイント!竜田揚げの美味しい作り方

しっかり醤油と味醂で下味を付けてから、片栗粉をまぶしてカラリと揚げることが事が美味しさのポイントです。

竜田揚げとは

竜田揚げとは、唐揚げの一種ですが、特に醤油と味醂が基本の下味に漬け込んで、衣には味をつけず片栗粉のみを使って揚げた物を差します。

唐揚げ同様、鶏肉が一般的ですが、下味をしっかり付ける事が特徴のため、クセのある鯖や鯨肉なども美味しく仕上がります。

竜田揚げに必要な材料

  • 竜田揚げにする素材
  • 醤油、味醂
  • その他、下味用にお好みの調味料
  • 片栗粉
  • 揚げ油

竜田揚げの手順

今回は、鯨の竜田揚げの画像を例に手順をご紹介します。

STEP1:下味にしっかり漬け込む

適当な大きさに切った素材と、調味料をビニール袋にいれて、しっかり手で全体を馴染ませるように揉み込みます。

口を縛り30分以上放置して漬け込みます。

調味料について

竜田揚げにおいては、醤油、味醂を使用します。お勧めは、醤油1:味醂1です。その他、生姜などを入れると風味良く仕上がります。お好みで調整して下さい。

STEP2:片栗粉をまぶす

下味の調味料を、キッチンペーパでしっかり拭き取りながら、片栗粉をまぶします。

下味の調味料は焦げやすいので、しっかり拭き取ることで、揚げる際の焦げ付きを防止します。

STEP3:揚げる

170度に熱した油に、素材を入れて中火で揚げます。

油の量は素材が少し表面に出る程度の少なめで、入れた直後は触らずに衣がしっかり固まるまで待ち裏側も揚げます。その後、全体の衣が固まったら菜箸等で転がしながら、空気に触れさせつつ揚げます。

揚げ時間の目安は今回の場合、約7~8分程度です。素材により異なりますので様子をみて調整して下さい。

美味しく仕上げるポイント

竜田揚げの美味しさの特徴は、カリッとした衣の食感と下味の風味を楽しめる点です。

  • 下味をしっかりと30分以上は漬け込む
  • 片栗粉をまぶす際に、しっかり調味料を拭き取る
  • 少量の油で、空気に触れさせつつ揚げる

完成!

周りの衣はカリッと、中は味が浸みてジューシーな竜田揚げの完成です。

おわりに

鯨肉はもともと赤身が強いので少々黒っぽい見た目ですが、調味料の焦げはなく、片栗粉のみを使用しているのでカリッとした衣となり、しっかりと下味の醤油の味が浸みてクセもなく、ご飯のすすむ味わい仕上がっています。

(Photo by 筆者)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。