1. 暮らし
    2. ごちゃごちゃさせない!クローゼットの収納方法

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    ごちゃごちゃさせない!クローゼットの収納方法

    クローゼットにたくさん服を収納すると、着たい時にサッと出せないなんてことよくありますよね。ここでは、クローゼットの服を探しやすく、取り出しやすく収納する方法をご紹介します。

    収納方法とコツ

    その1:ジーンズやトレーナーなど嵩張る物は畳んで、上の棚に収納

    ジーンズやトレーナーなどは畳んでもシワが付きにくく、逆にハンガーにかけるととても幅を取ってしまいます。

    ですので、ハンガーにかける部分をなるべくギュウギュウにしないためにも、幅を取る物は畳んで上の棚に重ねています。

    その2:セットものは合わせて収納

    作務衣やジャージなど上下セットの物は、一つのハンガーに一緒にかけます。

    この方法は、上下別々にハンガーにかけるより幅を取りませんし、着たい時に「上はあったけど下が見つからない」ということを避けられるのでとても便利です。

    その3:同じ種類でまとめて収納

    シャツはシャツ、ジャケットはジャケット、と種類でかためておきましょう。探す時にサッと見つけることができます。

    そして、同じシャツの中でも、柄物でひとまとめ、無地でひとまとめという風に分けるとより一層分かりやすいと思います。

    ジャケットやローブも同じ物同士並べてかけておきましょう。

    その4:Tシャツは畳んで積み重ねて収納

    Tシャツも、ハンガーにかけるより畳んだ方がコンパクトに納まるので、畳んで重ねて収納しています。

    その5:小物は端にまとめて収納

    ベルトやポーチなどは端にまとめておくと探しやすいです。

    ベルトはまとめてハンガーにかけておくと場所を取らずに便利です。

    収納のポイント

    洋服をバラバラにかけるのではなく、自分の服に合ったルールを決めて収納することが大切です。

    上で挙げた方法以外にも、色で分けるとか、普段着とお出かけ着で分けるなど、自分が続けやすい収納ルールを決めてそれを守っていくことが、スッキリしたクローゼットを長持ちさせる秘訣です。

    普段出し入れしている時に気をつけること

    戻す時に元にあった場所にきちんと戻すことを心がけましょう。

    クローゼットの収納の注意点

    あまりたくさん服をかけ過ぎたり、重すぎる物を棚の上に置いたりしないようにしましょう。

    おわりに

    いかがでしたでしょうか。急いでいる時でもサッと欲しい服が出せるような、自分オリジナルの整理整頓されたクローゼットを作ってみてくださいね。

    (photo by 著者)

    このライフレシピを書いた人