\ フォローしてね /

部屋の照明がつかない場合の対処方法

部屋の電気をつけようとスイッチを入れても、電気がつかないことがありますよね。電球がチカチカしている、チカチカすらせずつかないなど、部屋の灯りがつかないと困るものです。

ここでは、電気関係の仕事もしている著者が、電気がつかない時の対処方をご紹介します。参考にしていただければ嬉しいです。

1:電球がチカチカしていてつかない時

電球がチカチカしてつかない時は、電球が切れています。電球の端っこが黒ずんでいたら間違いありません。新しい電球に取り替えましょう。

2:電球がチカチカしない時

次に、チカチカもせず全くつかない場合は、その蛍光灯を別のソケットにつけ変えてみてください。

パターン1:別のソケットで蛍光灯がついた時

ついた場合は、蛍光灯に異常はありません。 もともとついていたソケットには点灯管がついてますか?ついていたら、点灯管を変えてから蛍光灯をとりつけて下さい。

それでもつかない場合は、ソケットそのものの異常、もしくは、そのソケットについている「安定器」という器械の異常だと思われますので、業者を呼びましょう。

点灯管とは、グローとか、グロースターターと呼ばれるもので、電球をつけるためのものです。電灯をつける前に一度ここに電気が流れます。なので、点灯管が切れてしまっては、当然電球はつきません。

安定器とは電流をまずこの安定器に流すのですが、高い電流が流れる電球に流れる前に、安定した電流を流すためのものです。電流はまず安定器を通り、点灯管を通って蛍光灯に送ります。なので安定器が故障すれば当然電球はつきません。

これらが壊れることはあまり無いのですが、壊れてしまった場合、ホームセンター等では売ってない上に、免許を持った人しか替えることはできません。

パターン2:別のソケットでも蛍光灯がつかない時

次に、違うソケットでも蛍光灯がつかなかった場合、蛍光灯そのものの異常が考えられます。まずは蛍光灯自体を変えて、改めてつけてみましょう。

それでもつかない場合、ブレーカーの異常が考えられますので、一度ブレーカーを見に行って下さい。ブレーカーが落ちてる場合、一旦ブレーカーを落とし切ってから、再びブレーカーを入れて蛍光灯を付け直して下さい。

それでもつかない場合や、ブレーカーに異常がない場合は、断線やショートの可能性がありますので、業者に依頼しましょう。

3:壁スイッチの異常

壁スイッチではつかず、紐を引っ張れば電気がつく場合は、壁スイッチの異常です。壁スイッチを直せる方は自分で直し、出来ない方は業者に依頼しましょう。

壁スイッチの異常は、おそらく壁スイッチそのものの異常か、壁スイッチから線が外れているか断線です。

注意すること

注意として、これだけは覚えておいてください。電気関係の作業は、免許がない人が行うことが禁止されています。なので、あまり大きなことは自分ではしない方がいいです。無理だと感じた時は、業者に頼みましょう。

おわりに

電気がつかない場合、大抵は電球か点灯管の問題がほとんどですし、それ以外はあまりできることはありません。

無理せず業者に頼むことを視野に入れながら、まずは自分で頑張ってみて下さいね。

(photo by amanaimages)

このライフレシピを書いた人
このライフレシピに関係するタグ

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。