1. 料理
    2. ほのかな酸味がアクセント!さっぱり美味しいレモン豆乳鍋の作り方

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    ほのかな酸味がアクセント!さっぱり美味しいレモン豆乳鍋の作り方

    家族や友人、同僚と囲む鍋は、会話の弾む絶好のコミュニケーションのひとときですよね。

    鶏ガラや味噌ベースなど一般的なものももちろん美味しいですが、今回はさっぱりした鍋が食べたいときにぴったりなレモン豆乳鍋をご紹介したいと思います。

    用意するもの(2~3人分)

    • 豆乳:300ml
    • 水:200ml
    • 固形コンソメ:2個
    • レモン:1個
    • 白菜:200g
    • 水菜:100g
    • しめじ:50g
    • 鳥肉:100g(部位はお好みで)
    • 人参:1/2本
    • 豆腐:1/2丁

    具体的な手順(調理時間の目安:約20分)

    STEP1:具材の下ごしらえをする

    食材をよく洗って、食べやすい大きさに切ります。

    大まかな目安:レモンは5mmほどの輪切り、白菜はざく切り、水菜は3~4cm間隔で切り、しめじは石づきの部分を落として1個ずつに手でほぐします。鳥肉と豆腐はひと口大、人参は皮をむいて2mmほどに切ります。

    STEP2:豆乳スープを作る

    土鍋に豆乳と水を入れて軽く混ぜ、固形コンソメを入れます。

    STEP3:具材を入れる

    先ほど下ごしらえした白菜、水菜、しめじ、鳥肉、人参、豆腐を土鍋に入れていきます。

    RULE:土鍋が小さい場合は、何回かに分けて作ります。

    STEP4:レモンをトッピングして加熱する

    最後にレモンを上に乗せて、中火にかけます。

    豆乳鍋は吹きこぼれやすいので、蓋をすることはあまりおすすめしません!

    STEP5:完成!

    10~15分ほどしてグツグツ煮えてきたら完成です。好きなものをよそって、皆で食べましょう。

    焦げ付きやすいので、食べている間は弱火にしておきましょう。

    おわりに

    レモンの酸味が良いアクセントになって、さっぱり美味しくいただけます。

    コンソメで味がついているので、豆乳スープからそのまますくってお召し上がりくださいね。

    (photo by 筆者)

    このライフレシピを書いた人