\ フォローしてね /

身近な道具で!浴室の窓サッシのカビ取り方法

湿度が高く、皮脂汚れのつきやすい浴室の窓サッシは、カビにとっては好環境。つまり、カビの温床になりやすいのです。

そこでここでは、浴室の窓サッシのカビの取り方をご紹介します。

掃除の頻度・タイミング

毎日乾拭きをしておきますが、それでも気になってきたら2週間に1回くらいのペースで行います。

掃除に必要な道具

  • 歯ブラシ
  • ティッシュ
  • 輪ゴム
  • 雑巾

お風呂の窓サッシのカビ取り方法

STEP1 : 全体掃除

古い歯ブラシの毛の部分で、全体をこすります。

STEP2 : 掃除棒を作る

歯ブラシの持ち手の部分にティッシュを巻き、輪ゴムで交差するように止めます。

STEP3 : 掃除棒で端の部分を掃除する

完成した掃除棒で端の部分を重点的に掃除します。

STEP4 : 乾拭き

乾いた雑巾で拭き取ります。これでカビ取りの完了です。

STEP5 : 仕上げ

除菌スプレーを仕上げに掛けることで、ある程度の予防になります。

著者は、水200mlに小さじ1杯のクエン酸を溶かした溶液をスプレー容器にいれて除菌スプレーとして使っています。

市販のエタノールでも構いません。エタノールの場合は不要ですが、クエン酸水を使う場合は必ず乾拭きをしておきましょう。

注意点

普段から乾拭きと換気をこまめにしておきましょう。また、サッシ上部にもカビが生えやすいので忘れずに掃除しましょう。

おわりに

いかがでしょうか。この方法なら特別な道具を揃える必要がないので気負わずできると思います。この記事が少しでもお役にたてば幸いです。

(Photo by 足成、著者)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。