1. 料理
    2. 新タマネギの甘みと食べるラー油が決め手!卵カツ丼の作り方

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    新タマネギの甘みと食べるラー油が決め手!卵カツ丼の作り方

    最後まで飽きることなく美味しく食べられる、絶品卵カツ丼の作り方を紹介したいと思います。

    旬の甘みたっぷりの新タマネギを使うことで美味しさがアップします!さらに食べるラー油をトッピングしてアクセントの効いたカツ丼に仕上げます。

    今回は手間いらず揚げるだけの、冷凍カツを利用しました。保存も長持ちするので筆者の家ではよく活用しています。

    材料(2人分)

    具材

    • 冷凍カツ…2枚
    • 新タマネギ…1個
    • 卵…2個
    • 食べるラー油…適量

    タレの材料

    • 水…200cc
    • しょうゆ…大さじ3
    • 砂糖…大さじ2
    • みりん…大さじ2
    • 酒…大さじ2
    • 本だし…適量

    作り方(調理時間:20分)

    STEP1:玉ねぎを切る

    新タマネギを薄くスライスします。スライサーを使ってもOKです。2、3mmほどを目安にしてください。

    STEP2:タレを作る

    タレの材料をすべて鍋に入れて中火で煮たてます。

    本だしは目安として大さじ1程度を入れて、味見をして薄いと感じたらひとつまみずつ加えて調節してください。

    STEP3:玉ねぎを煮立てる

    スライスした新タマネギを鍋に加え、さらに中火で煮立てます。5分ほどで新タマネギに火が通り、しんなりしてきます。その後は一旦火を止めてください。

    途中で泡立ってきたら、火を弱火にしてください。

    STEP4:冷凍カツを揚げる

    160度に熱した油で冷凍カツを揚げていきます。5分ほどしてきつね色になってきたら、火を強め油の温度を上げていきます。

    最初は低めの温度でじっくり中まで火を通し、最後に温度を上げることで周りの衣をサクサクにします。

    衣を少し入れたとき、下まで沈んでからまた浮き上がってくる状態が160度の目安です。

    STEP5:油から取り出す

    サクサクに揚がったカツを取り出し、油を切ります。クッキングシートの上において油を切る方法でも良いです。

    STEP6:カツを切る

    油を切ったカツを1cm幅に切っていきます。

    STEP7:卵を溶く

    卵をボウルに割り入れ、しっかり溶いておきます。

    STEP8:タレに卵を回し入れる

    さきほど煮立てたタレを再び火にかけます。中火で煮立て、その中に卵を回し入れます。黄身に膜がかかり白っぽくなり始めたら火を止めます。

    STEP9:器に盛って完成!

    器にご飯を入れその上にカツを並べます。タレを上からかけ、最後に食べるラー油をトッピングすれば完成です。

    上手に作るためのポイント

    新タマネギはあまり厚く切らず、薄くスライスすることがポイントです。

    また油でカツを揚げるときにいきなり高温で揚げず、中温から揚げることが大切です。周りは焦げ、中は火が通らないといったことを防ぐためです。

    さいごに

    熱々の美味しいカツ丼を作ってみてください。ボリューム満点で元気の出るレシピです。

    (image by 筆者)

    このライフレシピを書いた人